テーマ:診察

再度、神の声

 今朝5時に目覚ましで起床、8回目の抗癌剤の投与を受ける為、阪大病院へ出掛けた。  採血の結果、白血球の数値が低く抗癌剤の点滴は先々回同様お休みする事となった。  主治医曰く、あなたが悪いのではなく抗癌剤に耐えて良く頑張っている結果である。との事。  張り切って出掛けたのにガッカリして院内の食堂で昼食を摂り帰宅。  二度目の神の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日連続の病院通い

 昨日は目覚ましで起きて約3ヶ月振りに東宝塚さとう病院へ、心電図検査の後、胸のレントゲンとCT撮影(造影剤)、採血と診察。  CT撮影の前に造影剤を入れる注射針を右腕に刺し、血液を2本採取。これは別途採血室に行く必要がなく、また、別に針を刺す事もなく一度に片付くので良い手段だと思う。  そして、主治医の診察を待つこと約2時間、結果解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな事もあるのか

 今日は朝5時に目覚ましで起きて準備、阪大病院へ7回目の抗癌剤の投与を受けに出掛け採血をしてもらい、予約時間より1時間余り過ぎて主治医の診察を受けた。  開口一番、白血球の数値が低下しているので、今日は抗がん剤の投与は中止するとの事で、7月11日まで2週間のお休みを頂いた。  複雑な気持ちを抱きながら、院内の食堂で昼食を摂り帰宅する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結果は少し小さくなっている

 今日、採血と診察と6回目の抗がん剤の投与に阪大病院へ出掛けた。  診察時に、先週7日(水)のCT造影検査の結果、僅かであるが癌が小さくなっている事が分かった。  直径6㎝強の癌が約1㎝弱減少していた。5回の抗癌剤の結果である。  6㎝を超えるまで何年掛かって大きくなったか定かではないが、同じ年数を掛けて小さくして行く事になると思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部造影CT検査

 昨日の午後、阪大病院で腹部造影CT検査を受診した。  検査結果が楽しみである。試験の結果発表を待つ学生時代に戻った気分である。  三ヶ月の間に5回の抗癌剤投与を受け、その副作用に苦しみながら耐えてきた結果が来週の火曜日の診察日に分かるのである。  ワクワクとした期待感と一抹の不安も抱えながら診察日を待つ事になった。  膵臓に咬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三回目の抗がん剤投与も忍・忍!

 昨日は、目覚まし時計で5時に起床。阪大病院へ女房と出掛けた。  今回は臨床検査部で採血して、主治医の診察を受け、オンコロジーセンターの化学療法を受けると云うスケジュールである。  採血結果が出てくるまでの待ち時間、主治医の診察の順番を待つ時間、オンコロジーセンターでの4時間余りの点滴時間は「忍の一字」である。そして会計での待ち時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

循環器内科は一旦釈放

 昨日は約3ヶ月振りに東宝塚さとう病院へ電車で出掛けた。循環器内科と心臓血管外科の掛け持ち受診である。 採血と心電図検査と胸部のレントゲン撮影を受けて、待つこと約1時間余り。  循環器内科での受診で、先回までのWPW症候群の診断から今回の心電図が正常範囲内の結果が出て、医師から仮釈放の言葉を頂いた。取り敢えず安堵である。  心臓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生の最終日に退院

 弥生の初日に退院して、最終日も退院。  16日(木)に抗がん剤治療に向けて入院、翌日17日(金)にCVポート造設手術を受けて、23日(木)に抗がん剤の投与開始、本来なら副作用の経過観察で4月4日までの入院予定を無理を言って今日の退院となった。  今のところ比較的に副作用も軽微であり、日常生活に困る事は全く無かったのである。  今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退屈な三連休を過ごす

 16日(木)に娘に送ってもらい再入院、明日の手術の説明を受けて同意書に署名をする。  17日(金)朝の回診後に予定が早やなり午前中に約一時間程掛かって【CVポート】を右肩に埋め込む手術を受けて、午後に採血。夕刻の回診時に採血の結果、B型肝炎との結果を初めて医師から知らされて、吃驚。  18日(土)に手術後の確認の胸のレントゲンを撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16日に再入院、抗がん剤治療開始

 1日(水)に退院して慌ただしく2日(木)にPET-CT検査を受け、4日(土)と6日(月)に道場に顔を出して、 7日(火)は【三七桜会】で滋賀県へ同窓生と小旅行を楽しみ、夕方は少年部指導者の打ち合わせ飲み会。  8日(水)はPET-CT検査の結果を聞きに阪大病院へ出掛け、夕方から道場で少年部の指導、9日(木)も同様少年部の指導をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院の掛け持ちは疲れる

 昨日、27日(金)は午前中に東宝塚さとう病院で【採血】と【心電図検査】をして循環器内科の担当医の診察を受けた。  結果、この心不全はカテーテルの手術をすれば治るが、消極策としてこのまま経過観察でもOKとの医師の判断で、消極策を取り胃のGIST問題に特化する事にした。  終了後愛車で吹田の阪大病院まで出掛け、病院内の食堂で昼食を摂り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再開、病院通い

 昨日23日(月)は70日振りに東宝塚さとう病院へ出掛け、CT撮影後、解離性大動脈瘤の診察を受けた。  結果、経過観察で4月17日まで血圧の管理をして、胃のGIST問題に集中して下さいとの事であった。  早速、血圧計を購入して毎日朝晩の計測と、血圧降下剤を服用することにした。  今日24日(火)の午後は再度東宝塚さとう病院へ出掛け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹田市にある富士山

 昨日は、吹田市にある富士山麓に行ってきました。  此処の富士山麓は非常に大勢の人達で賑わっていた。    色々な色をして、色々な形をしたタイルで描かれた富士山の大壁画。  大阪大学医学部付属病院の正面玄関に面し、大ロビーの奥の壁に掛かっている。 それにしても病院の規模の大きさと、大勢の人達には度肝を抜かれた。  近所の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日から【師走】

 今日は霜月の最終日で、明日から早くも【師走】である。  昨日は東宝塚さとう病院へ「阪大病院の予約票」と「紹介状と診断結果のデーター・ディスク」を貰いに行き、帰途エディオンでプリンターの黒インクを買って帰宅。  夕方、小林駅前の‘万’での少年指導者の会議に参加した。席上やはり老生の【がん】の事に話が集中するが、無事に演武会や稽古等の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病名は胃のGIST(ジスト)・消化管間質腫瘍

 今朝、老生の病名についた名前が胃のGIST(ジスト)である。  人口10万人当たり年間の発症率が5例未満の【希少がん】との事である。  胃や腸の消化管壁の粘膜下にある間葉系細胞に由来する【肉腫】の一種とされ、いわゆる【がん】とは異なるが、癌と同様のものであるとの事。  しかし希少が故に、治療実態の把握も充分でなく生存率もその他の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

循環器内科から心臓血管外科、そして外科へ

 昨日は朝食抜きで、腹部エコーの検査を受けた。  14日(月)に大動脈のCT検査を受けた時に腹部に異物があるとの事で、心臓血管外科の医師から急遽外科医の診察を受ける様にと云われ、その外科医師の指示で腹部エコーの検査を受けたのである。  結果、胃の裏側に直径5㎝の肉腫があるのが見つかったのである。  詳しく調べる為、月曜日に採血しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連続【行事】続きの週末と今日

 11日(金)は、市の一斉清掃日が13日(日)にあり、それには参加出来ないので、日を早めて側溝の掃除を2時間程掛けて終わらせた。  12日(土)は、宝小コミュニティの役員会を欠席、昼前に道場へ行き演武会の会場設営の手伝をする。  いつもの様に慌ただしく、第16回目の演武大会と懇親会のBQも盛会の内にお開きとなった。  老生、初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎週月曜日の日課もあと一回

 今日は目覚まし時計に起されて、朝食後「東宝塚さとう病院」へ【携帯型発作心電図】を返却に行った。  この1週間常に持ち歩いていたが、お陰様で一度も使用することが無かった。  来週の月曜日に、再度採血と心電図の検査を受けて、医師の診察を待つだけとなった。  先月の24日(月)から毎週月曜日の4回もの病院通いである。来週で終らせたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霜月の初日

 霜月初日の今日は、昨日と同様に目覚ましで起床。朝食後、心臓血管外科の総合病院へ出掛けた。  昨日と比べ少し早く行くと駐車場にスムーズに入庫が出来た。ホルタ―心電図機器を身体から取り外してもらって帰宅する途中、我が家の直ぐそばのJRの踏切が約30分程閉じたままで開かず付近は大渋滞であった。  この様な時にはなぜ車優先にならないのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神無月から霜月へ

 神無月の最終日の今日は、東宝塚さとう病院でホルタ―型心電図の機器を胸に取り付けてもらい、携帯心電計をお借りてして帰宅。  ホルタ―型心電図の機器は身体に取り付けたままで、明日の9時半頃に病院へ返却に行く事になっている。  携帯心電計は明日以降1週間持ち歩き、異常があった時に自身で操作するとの事で、操作の説明を受けた。  明日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐るおそる稽古を始める

 一昨日と昨日は、自身の身体の様子を伺いながら稽古を始めた。  26日(水)は殆どが少年部の指導だけで、準備体操と受け身の稽古に終始。27日(木)の一般部の稽古はほぼ平常通りに稽古は出来たと思う。  しかし、消炎鎮痛剤の副作用は注意が必要である。それは血管を開く物質の生産を阻害して、血管を閉じるように働き、押し寄せる血流と痛み物質が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

診断機器の三役揃い踏み

 今日は朝食後、意を決して循環器、心臓血管外科の総合病院へ出掛けた。  先週19日(水)に2~3日前から痛みがあった胸が後半の稽古開始直後に急に痛み出して道場生から痛みどめの薬を貰い服用して、その場は普段通り少年部の稽古を指導する事が出来た。  夕食は普段通り晩酌をして入浴、まだ鎮痛剤が効いていた様でお酒との相性が悪くベッドに入った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more