気になっていた【墓参】を済ます

 昨日、お盆の時から気になっていた墓参を済ますことが出来た。 車を廃車して免許を返納すると墓参はバスの運行スケジュールに左右される。我が家のお墓は長尾山の山頂にある市営の長尾山霊園で、阪急バスの運行もお盆の四日間と春と秋のお彼岸その時期の三日間だけである。(月に一日程度、何便かあるようだが) 今年のお盆は暑さと病院通いが影響して墓参が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【喜寿】だもの ‼

 16日の敬老の日に神戸みなと温泉【蓮】で家族全員が揃って喜寿の祝いをしてくれた。神戸港の第一突堤にできた新しい温泉である。 名古屋に住む長男夫婦が買替えたジム二ーで家に立ち寄り、その少し窮屈な車に同乗して一緒に神戸に向かった。 既に到着していた娘夫婦と孫達と一緒にチェックイン。夕暮れのポートランドの風景を楽しみながら食事時間まで歓談。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白露から今日の誕生日まで

 8日(日)の白露は、二十四節気の正節でいよいよ秋も本格的となり野草に白露が宿ると云う意味ではあるが、意に反して朝から猛暑日となった。 その暑い日差しのなか義弟の一周忌法要の為、阪急山本駅まで出掛けた。 迎えの車で和歌山から出掛けてきた義妹と顔を合わせて女房の実家へ。 法要が終わり山本台の「梅ノ木」で会食。一年ぶりに親族たちと色々な話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江商人の町と【ビア電】と

 長月の初日は道場仲間達と近江八幡で掘割の観光と【ビア電】に乗車。 JR宝塚駅から大阪駅へ、大阪駅は17年ぶり、様変わりで浦島太郎状態、 駅員さんに尋ねてやっと待ち合わせ場所の御堂筋改札口で仲間達と合流。 老生の現役時代になかったホームの安全設備(昇降機)  新快速で近江八幡駅へ向かう。見送ってくれたダイキンの広告塔。  趣のある近江八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三度目の治験も無事に終える

 一昨日は雨の予報の中、三度目の治験に出掛けた。尿と血液検査を済ませて、主治医の診察を待っていると治験コーディネーターが来て当初予定に無かった胸のレントゲン撮影を受ける様に急遽先生の指示が出たので手配する、理由は副作用で肺炎が起こる可能性もあるので念の為に受けてほしいと云う事で、一階下のレントゲン室に移動して、撮影が終わり診察を受け、検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蹲踞の改修がやっと完成

 昨年の春から気になっていた蹲踞の改修を昨日やっと終えた。 22日(木)にロイヤルホームセンター宝塚店にセメントを買いに行き、 23日(金)から作業に掛かった。 二十四節気の【処暑)を迎え朝夕は少し涼しくなったとはいえ、日中の炎天下で久し振りに腕もこんがりと日焼けした。 同時進行で庭の石組も補修しながらの作業は、Tシャツの交換、水分の補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニボルマブ(オプジーボ🄬)治験・2回目

 葉月に入り【立秋】が過ぎ、10日には道場の「暑気払い」で夜遅くまで賑やかに騒いで、合気道の稽古は8日間の夏休みに入った。 猛暑日が続き台風10号が西日本上陸を窺がう中、昨日は2回目の、「ニボルマブ治験」に神戸大学病院へ女房と出掛けた。 今回は心電図検査は無く、尿と血液検査、胸と腹部のレントゲン撮影で主治医の診察を受けた。 検査結果は特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は二十四節気の正節の【立秋】である

 【秋】とは名ばかりで今日も猛暑日である。しかし、我が家の庭にさす日影は移動してきていて、秋近しの感がする。 二十四節気は古代中国でつくられた季節区分法で、太陽が春分点を出て再び春分点に達するまでを黄経三百六十度(周天三百六十度と云う)として、これを二十四等分した位置にそれぞれの節気を配置して、一ヶ年の気候の推移を知るようにしたものとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉月二日、酷暑である。

 一年の折り返しの【文月】は、2年3ヶ月続けて来た化学療法に見切りをつけ、新しい道を求めて病院を巡った。 特に梅雨が明け、治験の為の診察に通いだした頃から、猛暑日が続き暑い思いをしながら一周間に数日通院し検査を受けた。 お陰様で月末の30日には、神戸大学付属病院でニボルマブ(オプジーボ®)の治療を【治験】で受ける様になった。 酷暑の葉月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑日の中、ニボルマブの治験初日

 梅雨明けと同時に続く猛暑日の中、昨日はニボルマブ(オプジーボ®)の投与を受けに神戸大学病院へ女房と出掛けた。 採尿と採血は治験者用の容器が準備されており、採尿は紙コップではなく、蓋つきのプラ容器であった。 採血は試薬が入ったものやら大きさが異なる容器が6本、順番が書いてありその順序に従って採血された。 6本は初めての経験、貧血を起こす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと新しい道が開けるのか

 昨日、神戸大学病院へ胃の内視鏡検査とCT検査に女房と一緒に出かけた。今回で3度目である。 やはり、神戸方面に向かうのは気持ちが落ち着く。 老生の良き青春時代、特に大学に入学して、また、卒業後の勤務時代にも思い出の多い場所が多々ある。 胃の検査は前回の大腸検査と同様【眠たくなる薬】の注射のお蔭で気が付けば終わっていた。 検査終了後の担当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸の内視鏡検査は疲れる

 昨日は、大腸の検査で神戸大学病院へ女房と一緒に出掛けた。 前夜は19時までに夕食を済ませてから検査終了までは絶食、センノシド錠を2錠飲み就寝した。 昨朝、モビプレップ(下剤)を溶解作業の説明文を見ながら2リッター作る。 それを検査5時間前にに飲むように指定されているので、9時から1リッターの下剤をコップ6杯に分けて1時間かけてゆっくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日治験に向け、”はじめの一歩”を踏み出す

 先週、診察に行った近畿大学病院から紹介され、昨朝は神戸大学病院へ女房と一緒に出かけた。深夜に心臓に動悸が起こり、それがなかなか治まらず薬を飲んだり、トイレに行ったりでほとんど眠れなかった絶不調の状態で出掛けたのである。 阪急西宮北口駅で今季初めて蝉の初鳴を聞きながら、神戸線に乗り換え三宮駅で下車、神戸市営地下鉄に乗り換えて大倉山駅で下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝、急転する

 昨夜、大雨の中着込んだカッパの効果もなく、自転車でびしょ濡れで帰宅。 早速、風呂に入って身体をあっためて夕食を取った。 食事がほぼ終りかけた時に、近大病院の担当医師から電話が入った。 通院の負担を掛けたくないのと、治験の枠が残り少なく成ってきているので老生の事を慮って、自宅に近い神戸大学病院でも同じ【治験】を始めているので、そちらに紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪狭山市まで小旅行

 昨日は女房と二人で大阪狭山市まで小旅行して近畿大学病院まで出かけた。 地下鉄御堂筋線に乗るのは何年ぶりだろう。まして難波から南海電車に乗ったのは半世紀前のような気がする。 高野線の橋本行き急行に乗って金剛駅で下車、西口のバス停から南海コミュニティバスに乗って近畿大学病院前で降りる。11時に家を出て2時間半の道中であった。 初診受付でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治療方針の転換

 一昨日、38回目の抗がん剤の投与を受けに阪大病院に出掛け、先月27日に受けたCT検査の結果を聞くと、腫瘍が大きくなっている。との事。  当初は若干小さくなったのだが、徐々に大きくなってきている。丸2年余り続けてきたが今の化学療法では効果がなかった様である。  当然、当日の投与は受けても意味が無いので中止して、主治医は老生の癌は【オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年文月に突入

 今日は早くも一年の折り返し月の文月に入った。  暦を見ると、社会を明るくする運動・全国安全週間・銀行の日・  富士山山開き・国民安全の日の文字が出ている。  高島易断による老生の文月の運勢は、全力で突っ走るより、余力を残した方が何事もうまくいきます。強引に事を進めると敵を作る可能性がありますので、冷静さとが我慢強さが肝要です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年、水無月も今日が最終日

 三日前に観測史上最も遅い梅雨入り宣言があり、今日は朝から本確定な梅雨の雨である。  G20サミットが閉幕、お祭り騒ぎがやっと終わり平常の生活が戻りつつある。  27日(木)、阪大病院へ行き化学療法を始めて8回目の造影剤CT検査を受け、副作用緩和のため水分を多めに摂取するのに自販機の前でミネラルウォーターの品定めをしていると、近くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半日掛かりで盆栽・植木鉢の手入れ

 3年前から病院通いで手抜きしていた盆栽・植木鉢・庭木の手入れを半日かけて行った。  植木も命ある生き物、良く面倒を見てやると、それに応えてくれる。  根がパンパンに張った薔薇、椿・風知草・万年青・カポックの鉢を住み心地の良い大きい鉢に入れ替え、見栄え良く剪定する。  何気なく見ていた椿に大きな実がなっていた。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野生動物をとおして地球環境を考える

 題記は、昨日出席したマイスター教室の講演の表題で、講師は多彩な経歴の持ち主で、宇部市の「ときわ動物園」 園長の【宮下 実】氏。  副題は【ホッキョクグマは絶滅するのだろうか】であった。  地球温暖化の影響で北極圏の海氷面積が減少して氷上を歩き回って生命を維持しているホッキョクグマにとっては死活問題になっており、現在約2万頭いるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more