アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ザッキーの残日録
ブログ紹介
古稀を迎え、挑戦気楽に、思うままに

日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
二年前の今日は
 一昨年の2月13日は今は亡き義弟に車で送ってもらって阪大病院に入院した日である。  そして、翌日の14日はシャワーを浴びて大事に手入れをしていた髭を剃り、下剤を飲んで、点滴を受け、綿棒でお臍の中を丁寧に綺麗にしてもらって、夕食代わりに薬だけを飲み就寝、翌日午前8時半からの手術に備えた。  多少の病院通いはあったが、生まれて初めての入院で不安な夜を過ごした記憶が蘇って来た。   あれから早くも二年が過ぎた、光陰矢の如しである。  引き続き、先の見えない闘病生活を送るに当たり、一つの節目と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/14 15:37
温故知新を知る
 昨朝は祝日ではあったが雪の降る中、JR中山寺駅の「東宝塚さとう病院」へ解離性大動脈瘤の定期健診に出かけ、採血と心電図と胸のレントゲン撮影をして主治医の診察を受けた。  容態を聞かれたが、抗癌剤の副作用の事しか話すこともなく、採血の結果が悪玉コレステロール値が増えているのを指摘され、最近は体重が増えているのでその結果ではないかと答えて、次回は5月13日(月)にCT検査をして様子をみるとの事で帰宅した。帰宅後、気になった悪玉コレステロールと善玉コレステロール比率を前回との比較をしてみると、前回は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/12 21:30
偽装大国・日本
 今の日本、本当におかしくなったようである。官民あげて偽装に邁進している。  今朝のニュースの一面は耐火と防音の手抜き工事で法令を犯したアパートメーカー「レオパレス」、以前には車メーカーの検査違反、検査数値の偽装等、色んな業界で不正事実が発覚して世間を騒がせている。  そして国の統計偽装は言語道断である。不正な統計数字を基に、どの様に国の将来を判断して行くのか、誠に心許ない限りである。  今一度、真剣に日本の将来を考える時期ではないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/08 14:08
世界対がんデイに思考法と心情
 今日は立春で【世界対がんデイ】であり、全米を興奮と熱狂に狂わせるスーパーボウル開催日(現地3日)でもある。  老生はライブでのテレビ観戦を充分に楽しんだが、スーパーボウルの結果は別として、先月の中頃に朝日新聞の「折々の言葉」に出ていた興味ある記事を思い出した。  内容は: 「どうせ」という認識を受けて、 「いっそ」といくか、あるいは「せめて」とでるか。・・竹内整一    どうせいっか死ぬなら、だめになるなら、散ってしまうなら、いっそこっちから先に見限ってやると言うのか、  それと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/04 16:42
如月に入り、早や節分
 二月の初頭には【立春】と言う春めいた節日もあり、春遠からじの感もあるが、気候的にはまだまだ寒風の荒れ狂う季節である。  【如月】を【衣更着】と当て字を使い、寒さを凌ぐためにもう一枚重ね着をする季節を表すこともある。  にぎやかな祭事、行事も多くなり、2日の【初午】は各地の稲荷神社で祭事が行われる、特に近くでは京都の伏見稲荷の初午祭が有名。  そして今日は【節分】で明日は【立春】。そして7日の「北方領土の日】が過ぎれば、11日の建国記念日(戦前は紀元節と言っていた)、14日の「聖バレンタイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/03 11:57
年明け2回目の抗がん剤治療も忍"の一字
 昨日は目覚ましで5時に起床準備をして今年二度目(都合31回)の抗癌剤治療に出かけた。  2階の臨床検査部の窓口には8時数分前に着き、整理券を取ると40番、今迄で一番早い番号だが、それでも39名の人達が既に来られている。8時20分から受付が始まり9時前には採血が終わり、3階の消化器外科の窓口で受付を済ませて主治医の診察を待つ、生憎、主治医は会議で遅くなり診察を受けたのは11時過ぎ、診察はいつもの通りパソコンの数値を追ってマウスを動かしながら、癌の話はしないで老生が着ていった紺のコールテンのブレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/30 07:38
創刊号に魅せられて
創刊号に魅せられて  トヨタ セリカ LB2000GTをつくる。大々的な宣伝で創刊号の安さ¥299円に、車好きの老生はつい手が出てしまった❣    しかし疑問点が残る。何冊買えば完成するのか?創刊号のどこを見ても書いていない。インターネットで調べても分からない。  ネットを根気よく探すと‼ よくある質問欄の一番最後に隠されていた。110冊目で完成予定との事。  それで計算してみると: 確かに創刊号は299円で安い、2号から4号までが@1,799円、5号から110号までが@2,049... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/27 10:25
“涙”とは「心のメイク落とし」
 数日前の朝日新聞のコラム「折々の言葉」に、ある雑誌編集者が執筆依頼の書簡に添えていた文章として紹介されていた言葉である。   「涙」とは「心のメイク落とし」で、ちょうど肌と同じような具合で休ませてくれるものか、と思いました。という文。  鷲田清一氏は:  人は悲嘆に暮れて涙を流すというよりも、涙が零れるという出来事に身を委ねるのではないか。  零れるという自然に抗うことなく。流すまいとこらえると、こんどは人がその姿を見て涙を零す。  涙腺がゆるむともいうが、身体を弛緩させることで感情... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/24 15:07
人生は寄り道、回り道
 今日は二十四節気の【大寒】である。この極寒の時期にセンター試験が行われ、その問題集が新聞記事になっている。今の老生には見るだけで気持ちが悪くなるような難しい問題である。  天声人語には札幌市に住む大坂谷吉行氏の記事が掲載されていた。  まさに50年前、1969年1月19日に学生達に占拠されていた安田講堂が落城して、翌20日に前代未聞の入試中止が東京大学から発表され、やむなく北海道大学に進学、そして東大の大学院に進み博士号を取得し、室蘭工業大学の教授を務められ、その時の苦汁を小説化して自費出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/20 14:16
「男の収入」をめぐる諺
 昨年末の朝日新聞のコラム「折々の言葉」に紹介されていた、行動派作家の開高健がタイの知人から教わった諺である。  バンコックで聞いた諺として: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/13 13:45
腹部リンパ節は前回より軽度増大
腹部リンパ節は前回より軽度増大  昨日受け取った昨年末のCT造影画像診断報告書の診断結果である。サイズは51X40oで前回(8/7)と比較してサイズが増大しているとの所見。主治医は写す角度によってこの様にもなるし、たいして心配する事では無い、との事で安堵はしたが、少々落胆。今年も頑張って行きましょうと主治医と握手を交わして、オンコロジーセンターで30回目の抗がん剤の点滴を受け、お土産に抗がん剤の入ったトレフューザーポンプを左肩に装着してもらって、精算窓口に向かったが、年明けの影響か大勢の人で長時間待たされた。この待ち時間で疲労... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/09 12:30
年開けて早くも一週間
 今朝は、正月気分も吹っ飛び平常の日々に戻った感覚である。明日は松の内も開けて、今年初めての抗がん剤の投与を受けに阪大病院へ行く予定が入っている、通算30回目になる。今年も頑張るぞ!と気合いを入れ直し、気力も充実してきた。先の長い闘病生活には諦めない根性が要求されているが、それが分かっていてもその心が何時折れるのか、一抹の不安も心の片隅に存在している。  日々の生活を全うする事が不安解消に繋がっている、と信じて毎日を大切に送りたいと思う。  余談ではあるが、老生のブログのアクセス数が急伸して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/07 16:07
二日は上善如水
 我が家の正月は二日がスタート。午後に娘夫婦と孫達が来訪、早速、お祝いの会食を始め、終わるやいなや恒例の家族麻雀が始まる。途中から今年初めて親父手作りの牌を使用、これは親父がビルマの捕虜収容所で作って持って帰っていたものである。親父もひ孫がこの牌で遊ぶとは思っていなかったと思う。草場の陰で喜んでいるのではと想像しながら麻雀を楽しんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/03 13:12
平成最後の謹賀新年
 元旦の朝を無事に快晴で迎える事が出来、誠におめでたい事である。  老生(四緑木星)の今年の運勢は高島易断による「低迷運」とのこと。  特に昭和17年生まれは、「マイナス思考の言葉は口に出さないようにし、気持ちは常に前向きなのが若さを保つ秘訣です。」とある。心して望みたいと思う。    《 ゆっくりと歩む人でも、つねにまっすぐな道をたどるなら、走りながらも道をそれてしまう人よりも、はるかに前進することできる。》                                   デカル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/01 12:43
年の瀬:残すところ一週間
 一昨日の我が道場一大行事の【クリスマス会】は非常に嫌な思いをさせられ無事終了、残すところ28日(金)の忘年会だけとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/25 11:36
今日は小春日和
今日は小春日和  道場の畳の張り替えで稽古が二日お休みであったのと雨が降ったのとで、しばらく書斎の中で過ごす日が続いて体が訛ってきた様である。  今朝は小春日和の陽気で暖かい。朝食後、散歩ついでに銀行で出金、本屋を二か所覗いて来年のカレンダーを物色。23日の道場のクリスマス会で交換するプレゼントを買いにニトリまで出かけ、長い間思案の末「保存容器(フレッシュロック)」を購入する。  道場の行事もこのクリスマス会(子供が主体)と28日の忘年会(大人主体)とで今年の行事は全て終了である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/21 13:27
半月早く帰省
半月早く帰省  昨日、息子夫婦が帰省した。来春は地元でのんびりと過ごしたく、早めに帰省した様で、途中両親のお墓の掃除を済ませて来てくれたので、老生にとっては非常に助かった次第である。  昨夜は、ソリオの【そば屋】で息子夫婦とお酒を酌み交わしながら歓談。寒い折の熱燗は最高、天ぷらの盛り合わせ、薩摩揚げ、等々を肴に大きめの徳利を3本ほど空け、締めは【ざるそば】と【蕎麦つゆ】。  今朝は、色んな昔話に花を咲かせながらゆったりと朝食を摂り、昼過ぎに名古屋に帰った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/16 18:42
慌ただしさ第2弾
 7日(金)に歯の定期診断の最終日でみなと元町まで出かけた。帰途気になっていた、やはり気になっていた三地下タウンのクリスマス飾りをチェック、映り込んだ被写体を発見、心霊騒ぎは思い過ごしであった。  8日(土)は合気道の稽古に行き、風邪の症状が少し残る中少年部を指導する。  9日(日)は大阪武育会の演武会とレッド・ギャングの入れ替え戦の応援はパスして、大好きな藤沢周平作品の【三屋清左衛門残日録】の完結編をBS−8チャンネルで見ることにした。やはり俳優も作品も素晴らしく大満足。  演武会は冷え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/11 21:16
自然体で人生を演じ切った人
 女優・樹木希林さんは見事な生き様を見せてくれた人だと思う。  先月末の朝刊に関連する記事が掲載されていた。  「死ぬ時ぐらい好きにさせてよ」・「生きるのも日常、死んでいくのも日常」・・・・  病が不幸だなんてもったいない。がんは特に残り時間が読めるからありがたいわよ・・・と  なかなか言えない言葉が素直に自然と出てくるところが素晴らしいと思う。  朝刊の記事には、京都現代美術館館長・梶川芳友との会話の内容も載せていた。  好きな言葉として:  【座辺師友】  優れたものや人を身... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/06 15:33
流石に師走、俄に忙しくなった
流石に師走、俄に忙しくなった  一日は風邪の症状も少し良くなり一週間ぶりに合気道の稽古に行く途中、郵便局の本局に喪中用の葉書を買いに寄るが、土曜日で窓口は一カ所のみ、なが〜い行列に驚き帰りに寄る事にしたが、結果は一緒。30分以上待たされてやっと購入できた。  二日は宝塚茶道協会主催の「12月の市民茶会」に娘夫婦に車で迎えに来てもらって出席する。場所は中山寺近くの古鴨荘・山下松涛軒、可なり良い雰囲気で風情のある所。心静かに至福の一服。  偶然にも、同じ茶席でシニアーカレッジの同窓の女性と合気道の教え子の女子小学生と出会う。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/03 20:44

続きを見る

トップへ

月別リンク

ザッキーの残日録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる