テーマ:雑記

明けて早や四日

 年が明けて早や四日である。 元旦は女房と二人で二日に訪れる娘夫婦と孫たちを迎える準備で慌ただしく過ごした。 二日の午後に娘たちがそろって到着。正月の祝い事を済ませて宴会。 祝い酒と何十年振りかでスコッチを味わいながら、食事と歓談。 終了後は恒例の麻雀を楽しみ、夕食はすき焼き。歓談は深夜に及ぶ。 三日はほんの少し二日酔いの気分でライスボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けまして、令和新年

 良い天気に恵まれて新年を迎える事ができました。感謝です。 春があって夏があって、秋があって冬があって、日本は良い国である。 自然だけではない。風土だけではない。 長い歴史に育まれた数多くの精神的遺産がある。 その上に、天与のすぐれた国民的素養。勤勉にして誠実な国民性。 よいものがあっても、そのよさを知らなければ、それは無きに等しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「誰のために法は生まれた」

 表題は、老生の愛読コラム・鷲田清一氏の【折々のことば】の元ネタの本である。 グルになってる集団を徹底的に解体して、追い詰められた一人の人に徹底的に肩入れをするのが、本来の法です。と法学者の木庭 顕氏。 それに対して、鷲田氏の解釈は: 法は国民を縛るルールだと思われがちだが、そもそもは個人の自由な存在の基盤を絶対に損なうことのないよう護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超高速のこの一週間

 週始めの日曜日は王子スタジアムに応援に行き、月曜日はみなと元町の歯科医院で歯根の治療、火曜日は神大病院で治験剤の投与を受けに大倉山まで三日連続の神戸通いをした。神大病院では付き添いの女房の靴がひどく壊れて、帰りは何十年ぶりかでタクシーを利用して神戸大丸に行き、代わりの靴を購入。神戸大丸も何十年ぶりかで入店する事になった。 水曜日は午前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りのスタジアム

 昨日は7,8年ぶりに神戸の王子スタジアムへ母校の入れ替え戦の応援に出かけた。 相手は第1回甲子園ボウル出場の歴史ある強豪同志社大学であるが、現在は入れ替え戦の常連校で、我が母校も入れ替え戦の常連、両校の対戦は何度もある因縁の相手である。 母校は関西で6番目に出来たチームで一昔前は良く【古豪】と言われたが、今は新興チーム同様のテイタラク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理性を欠いちゃ!獣(けだもの)

 昨夜、稽古後に先日届いた手紙の事で、同じ手紙をもらった一部の女性から話があった。 いろんな反応があることは予測はしていたが、老生の思いとは違った意見に驚いた。 要約すればこの様な問題を道場に持ち込まないで欲しいとのことであった。 その相手が部外者であれば老生も同様にプライベートの事と無視できるが、 相手の二人の女性が成人であるとは言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いいね!」で、いいのか 

 題記は、今朝の朝日新聞のコラム、鷲田清一氏の「折々のことば」の表題である。 某私立大学からのメッセージとして、下には「Realはもっと複雑かもしれない」と、京都市の地下鉄の車両にこんな広告が出ていた。として次のように書かれていた。 話に深く心を揺さぶられたのならその思いを、微かに違和を感じたなら、「こうとも言えませんか」との反応を言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何か、身の回りが慌ただしい

 師走に入って、三日連続で神戸へ出かけた。3日(火)は神大病院で治験剤の投与、4日(水)は先月末からの歯の定期検診の続きで歯のコーティング、5日(木)に同じ歯科医院で、以前から右の顎に違和感を感じていた右下の奥歯の根に治療薬を入れもらい、一週間様子を見て、12日(木)に再度診察と治療が行われる事になった。 この治療は年内には終わるとの医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残すところ後30日

 早くも【師走】に突入した。年初の今年の運勢は【低迷運】と言われながら、何かと行事も多く、多忙ではあったが無時に乗り越えてきた。 特に、令和と年号も代わり老生にとっての最大の出来事は、阪大病院での二年余りの化学療法に効果がなく腫瘍が増大し危機に直面するが、主治医の紹介を経て運良く神戸大学病院でのオプジーボの治験に滑り込めた事、幸運の一言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食の痕

 我が家の猫の額ほどの庭で、小鳥が食べられた様である。 時折り、老生作成の小さい蹲で水浴びをしたり、美味しそうに水を飲む小鳥の姿を見ていたのだが、弱肉強食が世の常とは云え可哀想である。 野良猫か、大きい鳥が犯人かは分からないが、最近ヒヨドリの鳴き声を聞いているので、彼の鳥の仕業の様である。   庭に散らばっている小鳥の羽、羽以外は残っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この時代が怖い

 政治の役割は二つあります。 一つは国民を飢えさせないこと。・・・・ もう一つは、これはもっと大事です。 絶対に戦争をしないこと。                菅原文太  これは今朝の朝日新聞のコラムの折々の言葉の記事である。著者の鷲田清一氏は:俳優は山梨県で無農薬の野菜作りにも精を出していたが、出身地の宮城の隣、福島のでの原発事故後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある国のおめでたいお話

 アジヤの某国で【バカ殿】の在任記録が最長になったとの事。誠におめでたいことである。 長いのは良い事とご本人も取り巻き連中も大変な喜びのようである。 アホノミクスとアンポンタン法制を得意満面とご披露、都合の悪いことは全て知りませんと丁寧に説明。 ご本人も取り巻きの連中も二世、三世の世襲制で選ばれた人達が多く、某国は300年間続いた封建制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三年前の診断の結果は胃の裏側に5cm肉腫

 早くも、腹部に肉腫があるのが判明してから丸3年が経過した。 平成28年10月19日(木)就寝時に心臓の発作があり翌日近所のクリニックで受診、紹介状を書いてもらって24日(月)に東宝塚さとう病院で受診、胸のレントゲン・心電図・エコー検査・CT検査を受けた。 10月30日(月)ホルター心電機器を取り付けて、11月1日(月)に取り外しもらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜寿同窓会

 三年前の同時期に卒後55年の同窓会が開かれ80数名が参加。 今回は冠名を「喜寿同窓会」として70名余りが集まり楽しい一時を過ごす事が出来た。 従来5年毎に集まっていたのだが、それでは会えなくなる仲間が増えるとの事で今年から3年毎の開催に変更された次第。 物故者も分かっているだけで60名足らず、卒業時のクラス担当の恩師の方々も大半がお亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茸と桜が同じ時期に?

 今朝、庭で見つけた背丈が5㎝程の茸。名前は分からない。 二日続いた雨で出てきた様だが、我が家の庭では数十年ぶりである。 最近、庭の手入れに性を出していたのでご褒美に頂いた様である。 ラグビーの桜は散ったが、我が家の盆栽の桜は今も元気に咲いている。    苔の中から顔をだした茸、名は不詳    我が家の桜の盆栽、季節感覚の乏しい桜。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無情の雨、雨

 被災地に今日も無情の雨が降り続いている。 これは、自然に怒っても仕方がない人智がおよばないところである。 しかし、東京オリンピックの【マラソンと競歩】の開催場所と時間がまだ決まっていない、これこそ人が決める事ができる事である。 早朝の東京・札幌・東日本大震災の被災地等々の案が出ている様だが、なかなか決まらないのは無理な誘致をしたからで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「想定外」は、言い訳け言葉・No.1

 昨日まで、朝刊の第一面のトップ記事は今回の19号台風による死亡者数・行方不明者数・河川の決壊ヶ所数が占め、その数値が日毎増加していた。 日本は文明国なのか、いまだに自然の猛威に慄いている。 過去の経験値は大切ではあるが、何故か、今までの大きな災害は全て「想定外」の一言で済ませている様に思えてならない。 「批判は誰でも出来る。」と言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大災害に大輪の花

 台風19号の被害は想像を絶する大災害をもたらした。 東日本の豪雨による河川の決壊が21ヵ所そして竜巻とで、死者、行方不明者が数十名に及んだ。 温暖化による気象変動で年々被害が増大して来ている様に思われる。 遠くから眺めているだけで、復興に何の手助けもできないでいる事を恥じるしかない。 この様な時に、お叱りを受けるかも知れないが、 昨夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稽古を再開、十二日間の闘病

 先月の26日(木)の昼過ぎから咳と痰が酷くなり、合気道の稽古はお休みを頂いていた。 そして、今月1日(火)に受診して投薬を受けて様子を見ていたが咳と痰は相変わらず続いていたのである。 今月8日(火)の6回目の治験による抗がん剤の投与の診察時に肺炎は収まっているとの主治医の診断。 勇躍して一昨日(9日)から稽古に復帰した。十二日間の休み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悩んだ末に初期化

 今朝、Microsoftのシステムの更新案内を見て、悩みながら実施、案の定インターネットに接続ができなくなった。 何度も苦い経験をしている事だが、再再やってしまった。 結果、パソコンを初期化して、インターネットには繋がるようにはなったが、インストールしている情報が全て消えている。 1つづつインストールする事に、反省しきりであるが、パソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しい侵入者と狂い咲き

 今朝、我が家の裏庭で見つけた侵入者はサワガニ、夜中の激しい雷雨で闖入して来たものと思われる。 取り敢えず、我が家のメダカの池に逗留してもらう事にした。 そして三日程前から狂い咲きの盆栽の写真を撮り、ブログを更新。 元気よく動くサワガニ    右下の枝に二輪の花をつけている。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咳と痰、未だ収束せず

 神無月初日は、消費税増税と関電の原発ニュースで騒がしい中、神戸大学病院に受診に出掛けた。 先月の24日に5回目の治験に出掛けた時点ですこし予兆があった喉の違和感が翌日25日の夜から酷くなった。 咳が止まらない、そして四六時中痰が出てくるという症状が、日に日に強くなって来た。 限度も四日間、30日(月)に病院に連絡して、10月1日に受診…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休明けの病院は大混雑

 昨日は神戸大学病院に6時間余り滞在した。 往復の通院時間を合わせると8時間以上、現役時代の勤務時間に匹敵する。 五回目の治験を受けに女房と出掛けたが、採尿・採血で一時間弱、医師の診察を待つこと一時間余り、診察が終わって抗癌剤の投与の順番待ちが一時間以上、点滴を終えて清算して、遅めの昼食を院内の食堂で摂ったのが3時過ぎであった。 帰りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になっていた【墓参】を済ます

 昨日、お盆の時から気になっていた墓参を済ますことが出来た。 車を廃車して免許を返納すると墓参はバスの運行スケジュールに左右される。我が家のお墓は長尾山の山頂にある市営の長尾山霊園で、阪急バスの運行もお盆の四日間と春と秋のお彼岸その時期の三日間だけである。(月に一日程度、何便かあるようだが) 今年のお盆は暑さと病院通いが影響して墓参が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【喜寿】だもの ‼

 16日の敬老の日に神戸みなと温泉【蓮】で家族全員が揃って喜寿の祝いをしてくれた。神戸港の第一突堤にできた新しい温泉である。 名古屋に住む長男夫婦が買替えたジム二ーで家に立ち寄り、その少し窮屈な車に同乗して一緒に神戸に向かった。 既に到着していた娘夫婦と孫達と一緒にチェックイン。夕暮れのハーバーランドの風景を楽しみながら食事時間まで歓談…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白露から今日の誕生日まで

 8日(日)の白露は、二十四節気の正節でいよいよ秋も本格的となり野草に白露が宿ると云う意味ではあるが、意に反して朝から猛暑日となった。 その暑い日差しのなか義弟の一周忌法要の為、阪急山本駅まで出掛けた。 迎えの車で和歌山から出掛けてきた義妹と顔を合わせて女房の実家へ。 法要が終わり山本台の「梅ノ木」で会食。一年ぶりに親族たちと色々な話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江商人の町と【ビア電】と

 長月の初日は道場仲間達と近江八幡で掘割の観光と【ビア電】に乗車。 JR宝塚駅から大阪駅へ、大阪駅は17年ぶり、様変わりで浦島太郎状態、 駅員さんに尋ねてやっと待ち合わせ場所の御堂筋改札口で仲間達と合流。 老生の現役時代になかったホームの安全設備(昇降機)  新快速で近江八幡駅へ向かう。見送ってくれたダイキンの広告塔。  趣のある近江八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三度目の治験も無事に終える

 一昨日は雨の予報の中、三度目の治験に出掛けた。尿と血液検査を済ませて、主治医の診察を待っていると治験コーディネーターが来て当初予定に無かった胸のレントゲン撮影を受ける様に急遽先生の指示が出たので手配する、理由は副作用で肺炎が起こる可能性もあるので念の為に受けてほしいと云う事で、一階下のレントゲン室に移動して、撮影が終わり診察を受け、検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蹲踞の改修がやっと完成

 昨年の春から気になっていた蹲踞の改修を昨日やっと終えた。 22日(木)にロイヤルホームセンター宝塚店にセメントを買いに行き、 23日(金)から作業に掛かった。 二十四節気の【処暑)を迎え朝夕は少し涼しくなったとはいえ、日中の炎天下で久し振りに腕もこんがりと日焼けした。 同時進行で庭の石組も補修しながらの作業は、Tシャツの交換、水分の補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニボルマブ(オプジーボ🄬)治験・2回目

 葉月に入り【立秋】が過ぎ、10日には道場の「暑気払い」で夜遅くまで賑やかに騒いで、合気道の稽古は8日間の夏休みに入った。 猛暑日が続き台風10号が西日本上陸を窺がう中、昨日は2回目の、「ニボルマブ治験」に神戸大学病院へ女房と出掛けた。 今回は心電図検査は無く、尿と血液検査、胸と腹部のレントゲン撮影で主治医の診察を受けた。 検査結果は特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more