『学問のすすめ』(伊藤正雄校注より)

 今朝の朝日新聞のコラム鷲田清一氏の「折々の言葉」に:
 平正よりよく心を用び、政府の処置を見て不安心と思うことあらば、深切にこれを告げ、遠慮なく穏やかに論ずべきなり
                       福沢諭吉
 近代国民が欠いてはならぬ心構えはこれだと、明治の思想家は説く。

 「政府の事は役人の私事にあらず、国民の名代となりて、
 一国を支配する公の事務という義なり」

 そこに「私曲」などあってはならないと。主はどこまでも「人民」。
 「遠慮なく穏やかに」という表現にその自恃の志が漲る。
  と鷲田清一氏は言う。
 混迷の安倍首相に心静かに御一考願いたい【言葉】である。



"『学問のすすめ』(伊藤正雄校注より)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント