三権分立は金科玉条

 またぞろ安倍首相はコロナのドサクサに紛れて民主主義を壊す暴挙を画策している。お友達の黒川検事を検事総長にするために定年延長を決める、法務大臣と野党を除いて審議に入るとの事。
 立法・行政・司法は独立してお互いにバランスを取りながら権力者の暴走を牽制する。これが民主主義の根幹である。
 司法当局に【政権寄り】と言われる人がいること自体に違和感があったが、その人を検事総長にすることで、「モリ・カケ・桜」を都合よく逃れるつもりとも受け取れる。
 司法の人事に介入すると言う歴史に残る悪行を許してはいけないと思う。
 それも火事場泥棒の様に。

"三権分立は金科玉条" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント