五輪開催50周年記念日

 今日はアジヤで初の東京五輪が開催されて50周年の記念日である。五輪開催後、それを記念して「体育の日」が制定された。
 因みに今年の「体育の日」は13日であり、近年では2011年の10月10日が月曜日で偶然「体育の日」となった。
 合気道開祖の植芝盛平翁没後40周年記念行事として第十回国際合気道大会が翁の生誕地の和歌山県田辺市で2008年の10月5日から開催されていて、各国から大勢の合気道家が集まり、田辺市の市民を驚かせた様である。
 老生が初段を頂いて初めてこの様な大きな大会に単独で愛車を駆って参加したのが、丁度6年前の10月10日であった。大会最終日の12日には道場仲間達と一緒に再度参加し、一生のいい思い出を残せたと思う。
 老生の今日は金曜日の朝稽古の日で、先月26日の稽古日には遅めのお墓参りの為に参加できなかったので、その分も一緒に良い汗を流せた。いつも通りの基本技を丁寧に稽古した心算だが、やはり所々独自の技が出てしまう。
 稽古後、いつも少し反省材料を残している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック