テーマ:コロナ問題

意に反するが、公明党議員に軍配!

 同じコロナ過の中で、同じように夜の銀座に出掛けた公明党と自民党の議員さん達。 片や議員辞職、片や自民党を離党しただけ、非常に違和感を覚えました。 老生は創価学会傘下の公明党は政教分離の意味から政党として認めていないが、今回は軍配を上げたい。 その潔さに感動。それに反して自民党議員達は党の役職を降りて、離党しただけである。 同じ元自民党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長月も過ぎ、明日から神無月

 令和2年も愈々残り僅か三ヶ月。一月に中国で尊い命を奪ったコロナ・ウイルスは九ヶ月にして全世界での死者が100万人に達した。治療の対策が遅れれば200万人にも達すると云われている。 ここ2~3年はマスクは手放せないと思う。 今日、国勢調査にネットで回答した。 簡単でわずかの時間で終了。若い所帯!には非常に有効だと思う。 しかし、老齢で一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日、記念品(アベノマスク)が届く

 6月7日(日)朝、あの悪名高いアベノマスクが我が家に配達された。 史上最長で、最低な安倍内閣の唯一の【レガシー】として開封せず大切に保存することにした。 日ごとに税金の無駄遣いが露見。首相業務を早く民間会社にでも業務委託して静かにご隠退ください。 拉致問題では、最長内閣を誇りながら具体的な動きを何もしなかったあなたには、横田さんの死去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『前のめり』にならないで!

 水無月の初日、愈々世間も動き出した様であるが、3ヶ月間の自粛が無駄にならない様に、用心深く始動する事を願う次第である。 まずは優先順位をきめて、何から始めるべきか、ここでも「不要不急」が問われていると思う。 経済活動の復旧は速やかに進める必要がある。これは生活していく上で大事なこと。 しかし、趣味の活動は別と考える。合気道の稽古も再開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皐月、最終日に朗報

 非常事態宣言が解除され、油断禁物だが、先が見えてきた様である。 合気道の稽古も3ヶ月間の自粛が解け、明日から再開。 体がついて行けるか多少の心配はあるが、何よりである。 それに今朝、ネットで次のような記事が目に止まった。 老生が現在神戸大学付属病院で受けている、オプジーボによる原発不明癌の治験に関する記事である。 原発不明癌は癌全体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステイ・ホーム 心静かに想う

 コロナ感染終息後の事柄がボチボチと聞こえ初めている。 特に経済の回復は重要ではあるが、ドサクサに紛れての【改憲】はNGである。 今日は憲法記念日。 朝日新聞の「日曜に想う」を読み、特に気になる所を抜粋させてもらった。 日本の憲法というだけでなく、自由や人権を勝ち取るために世界の先人が超えてきた苦難と、流されたおびただしい血と涙に想像を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皐月初日はラッキーデイ

 今朝、名古屋に住む息子から貴重なマスクが届いた。手持ちのマスクが底をつき不安であったが、これで少し不安解消と思っていたが、午後に娘が同じくマスクと消毒液を届けてくれた。二重の喜びである。 そして、娘持参のイチゴ大福でお茶を飲みながら歓談中に、チャイムが鳴り玄関に出てみると合気道のお仲間の方から到来物が届くというラッキーが重なる事になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【自粛生活】、再々の延長

 今日は、早くも卯月の最終日である。 振り返ってみれば、3月4日(水)から合気道の稽古は休みになり、 予定されていた全ての行事は中止となった。 ここに来て緊急事態宣言の延長も予測される事態になってきたが、 手持ちのマスクは残り少なく、問題のアベノマスクは未だ届かず。 シャープのマスクは抽選から外れ、次回の発売時に当たる事を願っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故、迷走するのか?

 昨日やっと一律10万円の支給が決まった様であるが、支給方法についてはまだこれから。 財務省の失言大臣は”手を上げた人”にと言っている。ご本人のお友達連中は金持ちでプライドがあって受け取らないとか。 この国の政治屋の連中は根本的に自分の立場が良く分かっていない。 主権在民:国民から国政を受託している。  このことが理解できていないで、党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血迷った! と言う以外に言葉なし

 この国の議員連中はこの暴挙をどうして止められないのか? 巨額の税金466憶円を布製マスクに投入し、全所帯に2枚。 誠に貧弱な発想である。他の使い道が沢山あると思うが。 各家庭に何時届くのか?各家庭に必要であっても、全く緊急度が考慮されていないと思う。 以前、選挙の候補者が名前入りの団扇を選挙民に配って物議を醸したことが思い出される。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more