テーマ:闘病

やっと!近畿地方も梅雨明け

 今日、文月の最終日に、待ちに待った梅雨明けが発表された。 昨夕の豪雨と落雷には本当に驚かされた、これで少しは豪雨の心配はなくなったと思われるが、コロナ感染は拡大中である。 人が動けば感染は広がるようである。GO.TOトラベルには縁のない老生は常に不要不急の自粛中ではある。 が、昨年の7月30日から2週間に一度は必ず治験剤の投与を受けに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も【文月】は慌ただしい

 昨年の文月は、腫瘍が増大して阪大病院の紹介で近大病院へ出向き、そして近大病院の紹介で神戸大学病院へ。数日かけての色々な検査を経て、月末からオプジーボの治験が始まったのである。 それから早くも一年、昨日は26回目の治験剤の投与を受けに出かけた。 6月末のCT検査の結果は、一度小さくなった腫瘍の増減には変化がなく膠着状態ではあるが、転移が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和2年の半分が終わる。

 今日は水無月の最終日。老生は午後から神大病院へ8回目のCT検査を受けに出かけた。 明日から文月で、雑節の【半夏生】である。一般的には”つゆあけ”といわれているが、いまだに梅雨が明ける気配はなく全国的な豪雨となった。 半夏生の語源は、半夏(からすびしゃく)という薬草が生ずる時期から来ているとのこと。 神大病院でのCT検査は造影剤を使わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皐月、最終日に朗報

 非常事態宣言が解除され、油断禁物だが、先が見えてきた様である。 合気道の稽古も3ヶ月間の自粛が解け、明日から再開。 体がついて行けるか多少の心配はあるが、何よりである。 それに今朝、ネットで次のような記事が目に止まった。 老生が現在神戸大学付属病院で受けている、オプジーボによる原発不明癌の治験に関する記事である。 原発不明癌は癌全体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日残りて昏るるに未だ遠し

 光陰矢の如し、三年前の今日は義弟の車で阪大病院へ入院した日である。 胃のGISTと云う10万人に数人あるかないかの珍しい癌との診断で、手術を受けるために入院したのだが、病院に入院するのは初めての経験であった。 手術で開腹した結果は、胃のGISTではなく原発不明癌のリンパ腫であるとの事。これも同様に医学的に非常に稀な癌との事で今日に至っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三年前の診断の結果は胃の裏側に5cm肉腫

 早くも、腹部に肉腫があるのが判明してから丸3年が経過した。 平成28年10月19日(木)就寝時に心臓の発作があり翌日近所のクリニックで受診、紹介状を書いてもらって24日(月)に東宝塚さとう病院で受診、胸のレントゲン・心電図・エコー検査・CT検査を受けた。 10月30日(月)ホルター心電機器を取り付けて、11月1日(月)に取り外しもらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稽古を再開、十二日間の闘病

 先月の26日(木)の昼過ぎから咳と痰が酷くなり、合気道の稽古はお休みを頂いていた。 そして、今月1日(火)に受診して投薬を受けて様子を見ていたが咳と痰は相変わらず続いていたのである。 今月8日(火)の6回目の治験による抗がん剤の投与の診察時に肺炎は収まっているとの主治医の診断。 勇躍して一昨日(9日)から稽古に復帰した。十二日間の休み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休明けの病院は大混雑

 昨日は神戸大学病院に6時間余り滞在した。 往復の通院時間を合わせると8時間以上、現役時代の勤務時間に匹敵する。 五回目の治験を受けに女房と出掛けたが、採尿・採血で一時間弱、医師の診察を待つこと一時間余り、診察が終わって抗癌剤の投与の順番待ちが一時間以上、点滴を終えて清算して、遅めの昼食を院内の食堂で摂ったのが3時過ぎであった。 帰りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白露から今日の誕生日まで

 8日(日)の白露は、二十四節気の正節でいよいよ秋も本格的となり野草に白露が宿ると云う意味ではあるが、意に反して朝から猛暑日となった。 その暑い日差しのなか義弟の一周忌法要の為、阪急山本駅まで出掛けた。 迎えの車で和歌山から出掛けてきた義妹と顔を合わせて女房の実家へ。 法要が終わり山本台の「梅ノ木」で会食。一年ぶりに親族たちと色々な話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉月二日、酷暑である。

 一年の折り返しの【文月】は、2年3ヶ月続けて来た化学療法に見切りをつけ、新しい道を求めて病院を巡った。 特に梅雨が明け、治験の為の診察に通いだした頃から、猛暑日が続き暑い思いをしながら一周間に数日通院し検査を受けた。 お陰様で月末の30日には、神戸大学付属病院でニボルマブ(オプジーボ®)の治療を【治験】で受ける様になった。 酷暑の葉月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑日の中、ニボルマブの治験初日

 梅雨明けと同時に続く猛暑日の中、昨日はニボルマブ(オプジーボ®)の投与を受けに神戸大学病院へ女房と出掛けた。 採尿と採血は治験者用の容器が準備されており、採尿は紙コップではなく、蓋つきのプラ容器であった。 採血は試薬が入ったものやら大きさが異なる容器が6本、順番が書いてありその順序に従って採血された。 6本は初めての経験、貧血を起こす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治療方針の転換

 一昨日、38回目の抗がん剤の投与を受けに阪大病院に出掛け、先月27日に受けたCT検査の結果を聞くと、腫瘍が大きくなっている。との事。  当初は若干小さくなったのだが、徐々に大きくなってきている。丸2年余り続けてきたが今の化学療法では効果がなかった様である。  当然、当日の投与は受けても意味が無いので中止して、主治医は老生の癌は【オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年文月に突入

 今日は早くも一年の折り返し月の文月に入った。  暦を見ると、社会を明るくする運動・全国安全週間・銀行の日・  富士山山開き・国民安全の日の文字が出ている。  高島易断による老生の文月の運勢は、全力で突っ走るより、余力を残した方が何事もうまくいきます。強引に事を進めると敵を作る可能性がありますので、冷静さとが我慢強さが肝要です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい副作用現れる

 6月11日に37回目の抗がん剤の投与を受けてから、新しい副作用が現れた。  当日の採血時には前回と同様、看護師が静脈を見つけられず針を刺し、ベテランと交代して採血すると云う事が再度起こったが、抗がん剤の投与は通常通り無事に終了した。  13日にポンプを外してもらってから、下の唇が青くなって違和感を感じる様になり、昨日から食べ物等が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連チャンで通院、そして今日はアクシデントが2件

 昨日は東宝塚さとう病院で心電図、採血、CT造影検査、レントゲン撮影を受けて、解離性大動脈瘤の経過観察を受診。血管は問題なしとの医師の診察結果であった。しかし、8月に採血、心電図、レントゲンの予定を入れている。ここは何か腑に落ちない処であるが、健康の為と思うことにした。  精算時にいつもの、「お薬が出ていますよ」の声がないので、念のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成も後七日

 【平成最後の】と言う言葉も聞き飽きたて来たが、愈々あと七日となった。  昨日は平成最後の抗癌剤投与(35回目)に阪大病院まで出掛け、25日(木)の抜針で終了する。  次回は令和元年5月14日(火)である。その前日に東宝塚さとう病院で解離性大動脈瘤のCT検査がある。  それに歯の定期健診の案内も届いているが、新元号になってから予約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その日から730日余り

 二年前の昨日にCVポート造設手術を受けて730日余り経過した。  その一週間後から化学療法が始まり抗癌剤の副作用も徐々に出てくる様になった。抗癌剤が体内に蓄積されて来ると色んな個所に現れては消え、また残っては勢力を強め老生に戦いを挑んでくる。懲りない奴である。  手の指先の痺れ、足の裏の違和感も当初より酷くなってきているのと、風邪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CT検査の結果を聞き、33回目の投与を受ける

 今朝は自然と5時に目覚めて支度をして阪大病院へ出かけた。  いつも通り、8時10分前に採血受付の整理票を取ったが49番であった。皆さん、早い。  9時前には採血が終わり消化器外科の受付を済ませて、待つこと1時間余りで主治医と対面。  3月1日のCT検査の結果は転移もなく前回同様との診断に、学生時代の成績表をもらう様ですというと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生の初日は

 昨日はCT造影検査を受けに阪大病院まで出かけた。  2年前の弥生初日は、生まれて初めての入院生活を終えて二週間ぶりに帰宅した日であり、それから化学療法の為に再度入院してCVポート造設手術を受け2週間余り入院した。その間に1回目の抗癌剤の投与を受けてから先日で32回目を終え、CT検査も7回目を迎えた事になる。  これからもこの生活は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如月の最終日は雨

 「二月は逃げる」と、言われる如く、今日は早くも最終日。朝から本格的な雨である。  弥生・三月、明日の予報は【晴れ】である。初日にCT造影検査(7回目)の予定が入っているが、こちらの方は【快晴】と行きたいと願っている。  前回は軽度増大の診断、今回の結果は如何にと期待は膨らむが、転移がなければ現状維持でも満足、腫瘍が減少していれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二年前の今日は

 一昨年の2月13日は今は亡き義弟に車で送ってもらって阪大病院に入院した日である。  そして、翌日の14日はシャワーを浴びて大事に手入れをしていた髭を剃り、下剤を飲んで、点滴を受け、綿棒でお臍の中を丁寧に綺麗にしてもらって、夕食代わりに薬だけを飲み就寝、翌日午前8時半からの手術に備えた。  多少の病院通いはあったが、生まれて初めての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界対がんデイに思考法と心情

 今日は立春で【世界対がんデイ】であり、全米を興奮と熱狂に狂わせるスーパーボウル開催日(現地3日)でもある。  老生はライブでのテレビ観戦を充分に楽しんだが、スーパーボウルの結果は別として、先月の中頃に朝日新聞の「折々の言葉」に出ていた興味ある記事を思い出した。  内容は: 「どうせ」という認識を受けて、 「いっそ」といくか、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年明け2回目の抗がん剤治療も〝忍"の一字

 昨日は目覚ましで5時に起床準備をして今年二度目(都合31回)の抗癌剤治療に出かけた。  2階の臨床検査部の窓口には8時数分前に着き、整理券を取ると40番、今迄で一番早い番号だが、それでも39名の人達が既に来られている。8時20分から受付が始まり9時前には採血が終わり、3階の消化器外科の窓口で受付を済ませて主治医の診察を待つ、生憎、主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部リンパ節は前回より軽度増大

 昨日受け取った昨年末のCT造影画像診断報告書の診断結果である。サイズは51X40㎜で前回(8/7)と比較してサイズが増大しているとの所見。主治医は写す角度によってこの様にもなるし、たいして心配する事では無い、との事で安堵はしたが、少々落胆。今年も頑張って行きましょうと主治医と握手を交わして、オンコロジーセンターで30回目の抗がん剤の点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年開けて早くも一週間

 今朝は、正月気分も吹っ飛び平常の日々に戻った感覚である。明日は松の内も開けて、今年初めての抗がん剤の投与を受けに阪大病院へ行く予定が入っている、通算30回目になる。今年も頑張るぞ!と気合いを入れ直し、気力も充実してきた。先の長い闘病生活には諦めない根性が要求されているが、それが分かっていてもその心が何時折れるのか、一抹の不安も心の片隅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慌ただしさ第2弾

 7日(金)に歯の定期診断の最終日でみなと元町まで出かけた。帰途気になっていた、やはり気になっていた三地下タウンのクリスマス飾りをチェック、映り込んだ被写体を発見、心霊騒ぎは思い過ごしであった。  8日(土)は合気道の稽古に行き、風邪の症状が少し残る中少年部を指導する。  9日(日)は大阪武育会の演武会とレッド・ギャングの入れ替え戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週は通院週間

 19日(月)は東宝塚さとう病院へ大動脈留の経過観察で採血と心電図と胸のレントゲン撮影を受けて主治医の診察、次回は来年の2月11日(祝日)である。来年から祝日も診察出来るようになったが、これるかとの問いに問題なしと返答して予約する。  20日(火)は阪大病院へ行き28回目の抗がん剤の投与を受ける。次回は12月5日(水)に6回目の造影C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝、記念日

 今日は皇后様のお誕生記念日、84歳になられた由。皇后様として最後の記念日となる。末永くご健在で在られる事をお祈り致します。  老生にとっては2年前の今日、前夜に起きた心臓発作が心配で、近所のクリニックで診察を受けた日で、それから闘病生活がスタートした記念日である。  心電図の異常が分かり紹介を受けて、東宝塚さとう病院へ、そこでの精…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思わぬ色々な出来事で早くも半月が過ぎた

 月初から台風、地震に驚かされ、11日の誕生日に25回目の抗がん剤の投与があり、医師や看護師の方々にお祝いの言葉を頂いた。  13日にその抗がん剤のポンプの抜針の予定があったが、その日の早朝に身近な人の突然の入院の連絡が入り、女房は先に見舞いに出かけ、老生は阪大病院に行き抜針後、川西の協立病院へ直行して合流、そしてお見舞をする。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病を味わう

 「病を味わう」、味のある言葉である。  現役時代、職場で、全体朝礼時の話のネタに良く利用させてもらった、【道をひらく】(PHP研究所発刊)の中の一文である。  当時はすこぶる健康体で、この文が記載されていたのに、読んだ記憶が無いのである。  最近、暇な折に読み返して見て、仕事上の話題以外に人生の処し方についての文が多く書かれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more