テーマ:季節

今日は二十四節気の正節の【立秋】である

 【秋】とは名ばかりで今日も猛暑日である。しかし、我が家の庭にさす日影は移動してきていて、秋近しの感がする。 二十四節気は古代中国でつくられた季節区分法で、太陽が春分点を出て再び春分点に達するまでを黄経三百六十度(周天三百六十度と云う)として、これを二十四等分した位置にそれぞれの節気を配置して、一ヶ年の気候の推移を知るようにしたものとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零和の時代も一ヶ月が過ぎた

 水無月に突入して、早くも一年の折り返し月である。  令和元年の皐月は、新しい天皇、皇后の誕生というおめでたいスタート月であったが、老生は長い連休明けに東宝塚さとう病院でCT検査を受け、阪大病院へ2回通院して定期健診で歯科医院へ3回通うと云う、通院月間であった。  また合気道の稽古では、道場の代表が約2週間、韓国と欧州へ遠征して、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏日の中、みなと元町へ

 昨日は歯の定期検診の為みなと元町へ出かけた。道中見かけた人達は殆どの方が真夏の装いである。  今は、まだ梅雨シーズン前であるが、この暑さは異常気象と言うしかなさそうである。  電車を待つ間にも、じっとりと汗がにじんでくる。さすが阪急電車は冷房が入っていた。  三日前の朝は、秋雲を思わせる雲が出ていて朝夕はまだ涼しかったのに、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒いサクランボ?

 六日の【立夏】が過ぎても少し肌寒い思いをしていたのだが、  今日は汗ばむ気温で一気に夏に突入したようである。  今朝、子供の日に屋根裏から降ろした不用品を、燃えるゴミ、小形不燃ゴミとしてゴミステーションで回収、ゴミ出し出来ない灯油ファンヒーターと電線類を無料の回収業者に引き取ってもらい、、書籍を除いて廃棄処分が終了した。  夏日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卯月初日は入学宣誓式、そして2日の今日は

 学園創立100周年記念行事として、ご卒業12期から13期までの皆様を平成31年度の入学式(69期生)へご招待いたします。との案内をもらい出席してきた。  このご招待に出席したOB、OGは総勢80名足らずである。この人数が多いか、少ないのかの判断は別にして出席して良かったの一言である。  学長の祝辞の中で、最近、特に今年は入学希望者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生3月の最終日、見過ごせない話題も

 年度末の今日は道場恒例のバーベキュー大会がスポーツセンターのBQコーナーで肌寒い中開催された。  例年通り4棟貸し切りで、焼き肉にウインナー、チキンナゲット、焼きそば等々が焼かれて、飲み物も各種飲み放題で賑やかに半日過ごせた。    桜もこの肌寒さで三分咲き    焼肉と焼きそばとその煙、風下に立つと目が痛い   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃の節句に「春風の宴煎茶会」

 昨日、三月三日を「桃の節句」、「雛の節句」と言われるようになったのは江戸中期以降らしく、もともとは「上巳の節句」と言われていた様である。今は【ひな祭りの日】という方が分かりやすいと思われる。  その【ひな祭りの日】に「春風の宴煎茶会」が例年より一週間ほど早く、昨年同様平生記念セミナーハウスで開かれ、招待を受けて出席した。  今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生の初日は

 昨日はCT造影検査を受けに阪大病院まで出かけた。  2年前の弥生初日は、生まれて初めての入院生活を終えて二週間ぶりに帰宅した日であり、それから化学療法の為に再度入院してCVポート造設手術を受け2週間余り入院した。その間に1回目の抗癌剤の投与を受けてから先日で32回目を終え、CT検査も7回目を迎えた事になる。  これからもこの生活は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如月の最終日は雨

 「二月は逃げる」と、言われる如く、今日は早くも最終日。朝から本格的な雨である。  弥生・三月、明日の予報は【晴れ】である。初日にCT造影検査(7回目)の予定が入っているが、こちらの方は【快晴】と行きたいと願っている。  前回は軽度増大の診断、今回の結果は如何にと期待は膨らむが、転移がなければ現状維持でも満足、腫瘍が減少していれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如月に入り、早や節分

 二月の初頭には【立春】と言う春めいた節日もあり、春遠からじの感もあるが、気候的にはまだまだ寒風の荒れ狂う季節である。  【如月】を【衣更着】と当て字を使い、寒さを凌ぐためにもう一枚重ね着をする季節を表すこともある。  にぎやかな祭事、行事も多くなり、2日の【初午】は各地の稲荷神社で祭事が行われる、特に近くでは京都の伏見稲荷の初午祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生は寄り道、回り道

 今日は二十四節気の【大寒】である。この極寒の時期にセンター試験が行われ、その問題集が新聞記事になっている。今の老生には見るだけで気持ちが悪くなるような難しい問題である。  天声人語には札幌市に住む大坂谷吉行氏の記事が掲載されていた。  まさに50年前、1969年1月19日に学生達に占拠されていた安田講堂が落城して、翌20日に前代未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年開けて早くも一週間

 今朝は、正月気分も吹っ飛び平常の日々に戻った感覚である。明日は松の内も開けて、今年初めての抗がん剤の投与を受けに阪大病院へ行く予定が入っている、通算30回目になる。今年も頑張るぞ!と気合いを入れ直し、気力も充実してきた。先の長い闘病生活には諦めない根性が要求されているが、それが分かっていてもその心が何時折れるのか、一抹の不安も心の片隅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の謹賀新年

 元旦の朝を無事に快晴で迎える事が出来、誠におめでたい事である。  老生(四緑木星)の今年の運勢は高島易断による「低迷運」とのこと。  特に昭和17年生まれは、「マイナス思考の言葉は口に出さないようにし、気持ちは常に前向きなのが若さを保つ秘訣です。」とある。心して望みたいと思う。    《 ゆっくりと歩む人でも、つねにまっすぐな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気付けば早くも師走

 25日(日)から猛威を振るった風邪の脅威が徐々に薄れて来て、逃れる様に、  29日(木)にみなと元町まで出かけ、歯の定期検診を受け上の歯の洗浄してもらった。次は今月の7日(金)に歯のコーティングをしてもらって終了である。  そして、先週撮った三地下のクリスマスの飾りに写った女性の顔が気になり確認に行った、しかし、あのリングの中には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

既に町はクリスマス

 昨日は歯の定期検診でみなと元町まで出かけた。三宮・元町商店街は既にクリスマス商戦タケナワである。  前回は7月初旬の真夏に診察を受けてから4ヶ月振りの神戸である。  土曜日で人出も多く、特に家族連れや観光客の中をかき分けて進むのに時間がかかった。  三地下タウンのエスカレーターを降りた所の広場の飾り。    何を描いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霜月に入り早くも《立冬》

 暦の上では冬に入る初めの節、二十四節気の【立冬】である。  しかし、ここ数日は小春日和が続き今日も気温は春の陽気である。  今のところ関心事は米国の中間選挙の成り行き、それに比べ参院の国会質疑の答弁は【情けない】の一言。   我が家のツワブキも遠慮がちに季節を感じ咲き出している。     南天の実も赤くなってきた。野鳥の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早々と冬支度

 我が家の暖房器具はエアコン・電気ストーブ・灯油ストーブと灯油ファンヒーターとアンカー等を使っている。  一番利用頻度の高いのが灯油ストーブで、灯油は近くのガソリンスタンドに買いに行っていたが、2年前に車を廃車してからは、定期的に巡回販売の業者から買っていた。  しかし、一週間に一度の巡回では間に合わない時もあり、灯油も値上がりし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神無月の初日は秋晴れ

 今朝は、台風一過、秋晴れである。沖縄知事選の結果も良し、今月は良い月に成りそうな予感がしている。  老生の今月の運勢は、思ったことは、気が変わる前に敏速に行動しましょう。遊びの中に今後の発展に結びつく事があります。との事である。  明日は26回目の抗がん剤の投与、そして抜針。16日にマイスター教室。21日に義弟の満中陰法要。30日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋分の日、雲は秋

 今日は彼岸の中日、明日は十五夜である。仲秋の名月を楽しむ事が出来ますように。  今朝の雲は既に秋。空一面に綿が張り付いたようである。    いつもより早く起きて宝塚阪急の開店を待って墓花を購入、阪急田園バスで長尾山霊園へ墓参に行った。  お盆からそんなに間が空いていないのに、お墓の雑草は一面に良く伸びていて、取るのに一汗か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興に無情の雨

 停滞している秋雨前線の影響で雨が非情にも降り続いている、各地の被災地の復興には冷酷な自然の仕打ちである。  季節としては、  昨日は二十四節気の【白露】で秋もいよいよ本格的となり、野草に白露が宿り始める頃であり、  今日は【菊の節句】、別名【重陽の節句】とも呼ばれ、菊花をお酒に浮かべて飲んだり、栗飯を食して不老長寿を祝う事があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害大国・日本

 今年の夏は、【災害の夏】である。  大阪府北部地震から始まり、西日本豪雨、迷走台風12号、そして20号、強大な台風21号、そして震度7の北海道地震と矢継ぎ早に日本列島を襲った。  雨・風・地震、そして地底にはマグマが動いている、火山を忘れてはならない。  日本列島は正に災害列島であり、このような事がどこで起こっても不思議では無い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常に強い21号台風が上陸

 非常に強い台風の上陸は25年振りとの事で警戒情報が出されていて、ある程度の被害予測もし、覚悟もしていたが、幸いにも我が家には被害が無かった。  しかし今回地域によって、これだけの甚大な被害が出るとは、全く予想出来なかった。  と、言っても25年前の台風の記憶が全く無いので、比較ができないのである。   老生の鮮明な台風の記憶は6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長月の初日は少し過ごしやすい

 今朝は、昨夜来の雨と曇り空の影響か、少し涼しくクーラー無しで過ごせている。  立春から数えて二百十日になり、二百二十日までは稲の開花期と大型台風の集中期にあたっている。  その暦通り大型台風21号が週明けに本土上陸を窺っている。  4日(火)のマイスター教室の講座の日が上陸と重なった様である。    今夕、合気道の稽古から帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎暑の葉月も最終日

 今日は葉月の最終日である。そろそろ【この暑さ】ともおさらばしたいところである。  【葉月】も先月の【文月】と同様に炎暑の夏日が続き、老生の生活も相変わらず病院通いで終始した。  抗がん剤の投与と抜針とCT造影検査で都合4回阪大病院へ、解離性大動脈瘤の経過観察のCT造影検査で、東宝塚病院へ1度出掛けた。  ご先祖の供養も同じ様に先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この41.1℃の記録更新は嬉しくない

 昨夕、朝日新聞の夕刊・素粒子のコラムに酷暑・極暑・溽暑・炎暑と云う言葉が載っていた。  早速辞書で確認してみると。  酷暑: 厳しい暑さ。猛暑、極暑  極暑: 大変暑いこと。  溽暑: 単語としては記載がないが、      【溽】はむしあつい、湿気が多くて暑いとある。  炎暑: 真夏のひどいあっさ。炎熱と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は早くも「文月」

 今日で、平成30年の半分が過ぎようとしている、水無月の最終日である。  昨夕、集中豪雨と落雷があり、特に雷鳴は未明まで数時間続いた。  既に関東、甲信越地方では梅雨明け宣言がなされたとの事であるが、近畿地方もこれで梅雨が明けると思われる。  老生の経験上、長く続いた梅雨も雷鳴が轟き、明けるという現象を何度も見て来ているからである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日は芒種と梅雨入り

 昨日は、二十四節気の正節で【芒種】であった。芒種とは芒(のぎ)のある穀物を稼種する季節を意味すると九星本暦にはあるが、(稼種)という言葉は辞書にはないのである。  広辞苑には同じ音読みで(下種)という単語があり、種を撒くという意味が載っているので、そのような季節と想像しても良さそうである。  農家の人達にとっては忙しい季節の到来と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

預かっていた桜の盆栽にサクランボが二つ

 数年前に娘夫婦から預かっていた桜の盆栽にサクランボが二つ成っていた。    右のものは少し熟して色は少し黒くなっている、左のはまだ赤くなりたてというところ。  可愛いサクランボは気持ちが和む一服の清涼剤である。  一週間程前から鼻水とクシャミ、そして目の痒みで悩まされ手術後の左胸の痒みが追加されて、イライラとした気持ちが積み重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望に溢れる月、卯月

 何事にも新がつく新年度に突入した。 昨夕の稽古終了後、中学校に進学する子達が休会の挨拶に来た。  勉学に専念して良い高校に進む為だと思われる。エールを送ってお別れをする。希望を叶えて、また戻って来て欲しいと願う。  老生にとっては、昨年3月末に退院をして通院による闘病生活が始まり1年経過して2年目を迎えるのである。  明日(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春、春はまだ来ないのか

 季節は【春】と思われるが、梅雨のような雨の日が続いていて、桜の花は蕾のまま、開花を待っている状態。  「寒さ暑さも彼岸まで」と、昔からいわれているが気温は冬に戻った様である。地域によっては桜の開花宣言がなされたとの事。  しかし、我が家の桜の盆栽は既に【葉桜】に移行している。椿が大きな花を咲かせて庭の一部には春が来たようであるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more