テーマ:園芸

半日掛かりで盆栽・植木鉢の手入れ

 3年前から病院通いで手抜きしていた盆栽・植木鉢・庭木の手入れを半日かけて行った。  植木も命ある生き物、良く面倒を見てやると、それに応えてくれる。  根がパンパンに張った薔薇、椿・風知草・万年青・カポックの鉢を住み心地の良い大きい鉢に入れ替え、見栄え良く剪定する。  何気なく見ていた椿に大きな実がなっていた。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百合根の鉢植え

 今朝、昨日娘が持参してきた百合根を鉢植えした。  茶席の飾り物として使用していたのが芽を出したので、育てて欲しいと持ってきた大きい百合根である。  老生は茶碗蒸しの材料の【ゆりね】は大好きである。が、百合の花を育てた経験は無く、初めてである。  取り敢えず、根を腐らさない様に浅い素焼きの鉢で用土は赤だま土でトライする事にした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の家庭菜園は趣向を変えて

 例年我が家の家庭菜園の定番は、トマトとキュウリの苗を植え込んで始まるが、今年は趣向を変えて大根、人参、赤カブ、レタス等をプランタに種を撒いて楽しむ事にした。  プランタで大根、人参が収穫できるのか、チャレンジである。  赤カブが行儀よく芽を出してきた。    大根も芽が出てきた。    ルッコラも負けずに行儀よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退院後五日目

 二十四節気の【清明】も過ぎ、我が家の庭木も新芽を吹き出し、【清明】の言葉通り「天地万物が清新の気に満ち溢れて来ている。」  この数日間は天候に恵まれ、庭に出て身体を動かす事が多く、入院で鈍った身体が軋み筋肉痛を起こしている。  今日も、昨日から取り掛かった真樹の剪定と庭仕事で充分に身体を使い、入院時の憂さを晴らせた。  明日は予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退院後二日目

 今日は暖かく日中は庭仕事が捗った。年明けからの入院騒ぎで手抜きをしていた庭木の手入れを勢力的にやり終えた。  まだまだ細かい所は残っているが、大まかに片付いたと思う。  今回の入院前に慌ただしく車を廃車して、これから車無しで従来通りに庭仕事がコナセルのか考える間が無かった。  毎年恒例の家庭菜園に必要な、手持ちの折りたたみの自転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日、やっと剪定作業に掛かる

 例年梅雨時に、我が家のシンボルツリーの槇の剪定をしていたのだが、今年は昨日午後から作業に取り掛かり、二十数年使っている剪定バサミを研ぎながら、今朝少し残った軒下の箇所を仕上げ、剪定した枝葉をゴミ出しして作業は終了した。  未だ、裏庭の植木2、3本が徒長枝を伸ばして剪定を待っているが、この暑さの事で作業は何時になることやら?。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今季、初収穫

 今朝、家庭菜園でプランタに植え込んでいたキュウリの初収穫をする。  4月23日、コーナン伊丹店で苗を買い、25日に植え込んだのが丁度食べ頃となっていたのを収穫して  朝食のサラダとして食した。我が家で出来たのは何か特別の味がする。  沢山黄色い花を付けているので毎日の様に食卓を賑わしてほしいものである。    サラダになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝・憲法記念日

 自前の憲法でなければ駄目なのか、人からもらったものでも良いものは良いと思う。  憲法とは権力者が暴走しないように規制を掛けているもの、憲法に従うのは権力者で国民では無い。国民は憲法に依って個人個人が守られているのである。  権力者が自分自身を縛る法律を躍起になって変えると云うのは筋が通らないし、まして安保(戦争)の為とは論外である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皐月の初日は五月晴れ

 今日はからりと晴れて、まさしく【さつき晴れ】である。  ところが老生は目が痒く、鼻がつまり口呼吸するので喉が良く乾き、最悪である。  朝は肌寒く感じたが、徐々に気温が上昇して少し汗ばむ。  今日は雑節の八十八夜で静岡、宇治では茶摘みで忙しい事だと思う。  勤務時代の5月1日はメーデーで会社は休み、連休を大いに楽しみ、また休息日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卯月も残り一日

 今日は【昭和の日】の祝日、愈々ゴールデンウィークに突入である。  先週の土曜日に買った家庭菜園の苗を3日掛かりでやっとプランタに全てを植え込んだ。  毎年、4月中旬には終わっていたのだが、今年は何故か遅くなってしまったのである。  4月中に植え込みが終わりほっと、皐月に入るとぐっと気温が上がる様で成長が楽しみである。実り多い事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

充実のこの一週間

 5日(月)は、午後から自治会のメンバー5名で市役所に出向き、都市整備部の部長他5名と2時間程面談する。  市長あてに出した請願書の内容についてお互いの見解を討議、何も得るもの無し、お役人根性が良く分かっただけである。  かなり涼しくなり合気道の稽古には最適な気候、道中カーデガンを着用する。  6日(火)は、無頼漢の襲撃を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またもや無頼漢の仕業

 大事に育てていた風知草が何時もより早く枯れ始めた。刈り取る為に葉を手で摘まむとすっと根が抜けた。異様な感触に驚く、キッチリと張っていた根が無くなっている。以前に大事にしていた黒松、そして今年はプランタのイチゴとこの風知草の鉢が被害にあった。その無頼漢は調べてみるとコガネムシの幼虫との事である。    固く張って株分けに苦労した根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週も残暑厳しく、喉が不調

 24日の月曜日辺りから夏風邪を引いた様である。稽古では大汗をかき、喉に違和感を感じた程度であったが。  25日(火)は、少し咳が出るようになった。マイスターの講座に出席して、村田和雄氏の「70歳太平洋処女航海」と題しての講演を聞き、帰途ソリオのお菓子屋でのど飴を買って帰宅する。  そして夕刻、小林駅前の‘万’に出掛けて代表主催の少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜘蛛と挨拶

 何時頃からいるのか定かではないが、書斎の前のベランダの手摺りの壁に蜘蛛が現れる様になった。  頭を下に書斎の中を覗いている。近づくと手摺りの隙間に入り、暫らく出て来ない。気が付くと、また覗いている様である。毎日元気に同じ位置に出て来るので、挨拶を交わす様になった。   蜘蛛の巣を張らず、頭を下にして張りついている。何故か気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の合間の剪定

 今日の天気は雨後曇り、梅雨の合間である。絶好の剪定日和という事で玄関先のシンボルツリーの槇と金木犀の剪定を思い立った。    徒長枝が伸びて樹形を損なっている、シンボルツリーの槇    樹形がぼやけて全体が膨らんでいる金木犀      まずは、金木犀の剪定から、剪定後の樹形。所要時間約一時間。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い日、5月の記録更新

 今日も早朝から黒竹の剪定。この数日、毎朝の日課となっている。  それと、色々な虫との戦い、もである。木々が新芽を出すと、それを目当てに虫や蝶が集まり子孫を残すために活発に活動する。新葉は幼虫の餌、群がり容赦なく、養分を吸い、食べ尽くす。  槇にアブラ虫、椿の葉には毛虫、仏手柑やキンカンそして木の芽には蝶の幼虫、ラディシュの葉にも。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小満】

 今日は、二十四節気の【小満】。万物が長じて天地に満ち始める頃である。 この10日間は、殆ど毎日庭に出て庭樹や盆栽の剪定をしている。    家庭菜園のプランタのキュウリが2本、少し小さいが食べ頃の大きさに成っていたので、一昨日に味見をして、今朝、残りの一本も収穫した。     今年は立派な花を咲かせているので、これからの収穫が楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと目を離したら

 今朝、新聞を取りに玄関に出て、黒竹の子を見ると子屋根の庇に突き当たって曲がっているのを発見した。  一晩で恐ろしく伸びるものである。芽を出す場所によって伸びる速度が違う様である。  やはり土の固さや、保湿、栄養等の環境が影響するのか、植物を育てていると伸び盛りの子供達の成長と重ね合わせて考えさせられる事が多い。  窮屈そうに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平常に戻る

 昨日から世の中も平常に戻った感がする。  GW中の稽古の日は参加者が少なめであったが、昨日の稽古は大勢の参加者で溢れかえる程であった。  今日は朝稽古の無い金曜日、良い天候だが、クシャミと鼻水と闘いながら、終日庭仕事をして過ごした。  野菜に「熟成牛ふん」を施し、トマトのプランタに支柱を立て、そして庭木の剪定をする。  剪定枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皐月に突入

 今年も早や三分の一が過ぎた。今日から皐月である。今朝は雲一つない晴天に恵まれ、気温もぐんぐん上がり真夏並みの陽気となった。午前中に再度市役所へ、紛争調整の相談に近燐の方々と出掛けて打ち合わせをして帰宅。  午後は、昨年同様黒竹の竹の子と根を処分する今年は建屋の基礎に沿って長く伸びているのを掘り起こした。 2~3日で1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最悪の季節到来

 この時期になると、目が痒く、鼻水が止まらない。老生の症状は、花粉症がそろそろ終わりかけて来るころから、年々酷く成ってくる様である。この10日間辛い思いをしている。ある日に急に始まった花粉症、ある日突然に治る日が来るのを楽しみに待つしかないか、と諦めている。  この数日、天気が良いので庭に出てプランタの土を整理しながら、昨日までにキュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しぶとい冬将軍

 昨日、今日と【寒の戻り】である。都心では季節外れの寒さで5年ぶりの雪との事。 この寒さは金曜日まで続き、日曜日の合同稽古の時までには多少は暖かくなっている様なので助かる。  昨日から書斎のしばらく使っていなかった暖房器にスイッチを入れた。辛抱が足りなくなったのは、年を取った証拠でもある。  今日は、しばらくぶりに道着の下に下着を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春がきました

 雨は降ったが暖かい日が続き、盆栽の桜は満開で既に葉が出てきた。 昨年の秋に、住処をかえてもらい満足そうに咲き誇っている。  木瓜の花も負けずに咲き出した。  今年も水仙が申し訳けなさそうに、一輪咲き。そして蕾がひとつ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一週間の夏休みも終了

 今日は合気道稽古の夏休み最終日である。明日の朝稽古からいつも通りの稽古が始まる。  洗濯をして置いた袴にアイロンを当てれば、稽古の準備は完了する。  しかし、この一週間の休みの間に庭木の剪定を終わらせる予定でいたのだが、雨の日が多く未だ終わりそうに無い。  今朝も剪定を始めて直ぐに雨が降り始め一時中断、お昼前から晴れ間も見えてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日遅れて剪定

 高校野球と同様、二日順延で我が家のシンボル・ツリー【槇】の剪定を半日掛かりで刈り込んだ。  9日(土)から15日(金)までの一週間は道場が夏休みで稽古が無い、退屈しのぎに1週間程前から9日に剪定をするべく気合を入れていたのだが、足の遅い台風に予定を狂わされ、今日になった次第である。  豪雨と強風のお陰で、よかった事は庭、窓ガラス、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"イタチごっこ'' 未だ終息せず

昨朝、玄関前の睡蓮鉢が野良猫の襲撃を受けて金魚が全滅していた。  玄関前のは、ここ何年も問題が無く安心していたのだが、ネットを外されポンプも引き出されていた。ちょうど2週間前には裏庭に置いている水鉢の頑丈な手作りの金網を外され、大きくなった金魚が全滅させられたところである。  近隣の方々のご協力で、野良猫に餌を与えないようになり、腹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の出来事

 昨日の土曜日は、午前中に宝小コミュニティの26年度の第一回役員会に出席。  主な議題は【盆踊り大会】の打ち合わせ事項で、盆踊り前日の会場の設営作業までにあと2回会議が行われる。 その間に校区自治会長会の案内も来ているので、6月の土曜日は殆ど会議の予定で埋まってしまった。  会議終了後、雨が降り出し、車で伊丹道場の稽古に出掛けた、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝稽古と黒竹の残根

 気象庁の梅雨入りの発表があって用心して愛車で道場に行くが、昨日の稽古と今日の朝稽古は雨に降られなかった。  今日の朝稽古は杖を持参して、【18の組杖】の稽古をした。今までにも合宿や通常の稽古で何度も稽古をしている筈ではあるが、やはり細かいところが何カ所か忘れている。最低月に一度位はお浚いが必要と思われる。  今日の参加者は11名で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の収穫

 今朝、キュウリの初収穫を行った。先月初旬に植え込んだキュウリが大きくなったので今日の昼食時に塩もみにして食した。やはり我が家で採れたものは美味である。  それともう一つの収穫は、今年度2回目のシニアカレッジ同窓会のマイスター講座で、‘スリランカと日本の絆’と題して、スリランアカ民主主義共和国の紹介を、宝塚市国際交流協会民間大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目が離せない黒竹

 ここ暫らくは庭仕事が続いている。一夜で良く伸びる黒竹、今日も剪定である。昨日も庭木の剪定をしていたのであるが、一日明けるとこの状態である。 金木犀の右側に伸びた黒竹。枝が長く伸びている。 金木犀の左側に伸びている黒竹。枝が庇に当たって窮屈そうである。 枝を剪定してスッキリした黒竹。 同様にこちらもス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more