暴走五輪は何処へ行く

 コロナ感染が拡大中にも関わらず、また国民の多数が開催反対を訴えても、ブレーキの無い暴走五輪は止まらない。 大会組織委員会では、開会式間際に式の作曲担当が辞任する騒動が起きた。 この類の人は以前にも居たが、同じ事がどうして起こるのか不思議である。 女性蔑視発言の元首相、タレントの容姿を侮辱するメッセージを演出チームに送った開閉会式の演出…
コメント:0

続きを読むread more

二年間の治験も終了

 色々な検査を受けて始まったオプジーボの治験も終了した。 二年前の7月30日から昨日まで52回治験剤(オプジーボ)の点滴を週二回欠かさずに受けたのであるが、結果は、当初腫瘍は小さくなり期待を持ったが、それ以降は進展がなく残念ながら終了したのである。 高価なノーベル賞受賞の妙薬も老成の原発不明癌には効果がなかった。 来月、数種の検査を受け…
コメント:0

続きを読むread more

なぜ!この様な中途半端な施策に

 兵庫県では今日から蔓延防止が解除された。関西では大阪府は蔓延防止措置を続行して8月22日まで継続される。 宝塚スポーツセンターも閉館時間が30分延長される。中途半端な時間。 少しでも稽古時間が長くなれば、と、これはありがたく思う事にしたい。 しかし、五輪は一部地域によっては有観客で開催とのこと。結果が目に見えるようである。本当に安心安…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種、2回目終了

 今朝、近くのクリニックで2回目の接種を受け、無事に終わった。 しかし、油断大敵である。2回接種後にも感染する人がいる。 世の中のコロナ菌が無くなるまでは用心に超したことは無さそうである。 明日、神大病院で抗がん剤を受けている人のコロナワクチンの影響調査に 協力する為に出掛けて、老生の接種騒動は一応終了する。 そして、治験の方も19日の…
コメント:0

続きを読むread more

決断の月になるのか!

 早くも今日は一年の折り返し、文月の初日である。 国民はコロナ禍中での「真夏の祭典」の成り行きに半信半疑で注目。 政府は決断の時が刻々と迫っている。慌ただしい月の初めである。 老生自身も色々と今後の進路を決めねばならない月ではある。 治験剤の効果が芳しくなければ、2年前から始まった治験も終了する。  19日のCT検査の結果に寄るところが…
コメント:0

続きを読むread more

猪突猛進

 この三日間、ネット接続不調でパソコンの初期化を何度も繰り返し、遂に購入時点の状態に戻してから、無線LAN親機の故障に気が付いた。 今朝、慌てて「エディオン宝塚店」でBUFFALOの無線LAN親機を購入してネットに接続できたが、画像もデーターも全て消え去っていた。後の祭りである。 世の中も、真夏の祭典に向けて猪突猛進の状態である、猛暑の…
コメント:0

続きを読むread more

今日、ワクチン接種・一回目

 昨日、女房と一緒に神大病院に行き、二人揃って採血をしてもらった。 そして今日、近くのクリニックへコロナワクチン接種に二人で出掛けてきた。 最近大規模接種会場の映像がテレビで良く流れ、それを見ていると、 なぜか、昔のチャップリンの「モダンタイムス」という大量生産時代を皮肉った映画の画面を思い出す。人間が生産ライン上を流され送られて行く様…
コメント:0

続きを読むread more

真の武道とは

 先日、「道」の最新号の「今、届けたい言葉」での版画家の名嘉睦稔氏と 宇城憲治氏との対談の中で老生の思いと同調・共感する言葉を要約したい。 老生の心に届いた言葉は: 昨今のスポーツ空手の世界大会の組み手を見ていると、顔を打てないので、 みんな胴や足を打つ。それは頭は危険だし、防具を付けていないからだと 思うが、体力勝負の様になっていて、…
コメント:0

続きを読むread more

「梅雨の中休み」のなか「水無月」に入った

 この数日間暑い夏日が続く中、 水無月の初日から二十日まで緊急事態宣が再度延長された。引き続き不要不急の自粛が続くのである。 先日の神大病院での診察日に、老生の一回目のコロナワクチンの接種は15日(火)に近所のクリニックで受ける予定であるが、投与を受けて問題がないかを問うたところ是非受けて下さいとの事であった。 そして、そのワクチン接種…
コメント:0

続きを読むread more

今日は複雑な心境

 今朝早く和歌山の義妹から一本の鰹が届いた。「男子厨房に入らず」は老生の長年の信条であるが、その鰹を老生がさばく事に・・・ 。 裁き方をネットの動画で観て、切れない出刃包丁を研ぎ、研ぎしながら裁きに掛かったが、プロの様にはいかない。 ノコギリで木を切っている様な状態で、見事な鰹も無残な仕上がりとなった。 しかし、昼食に発泡酒を片手に刺身…
コメント:0

続きを読むread more

ステイホームは続行の模様

 皐月に入って早くも五日目、三回目の緊急事態宣言の発出から10日が経過したが状況は悪くなるばかりで、解除の見込みはなさそうである。 ゴールデンウィークは孫達の顔が見れると楽しみにしていたのが中止となった。それにシニアーカレッジ同窓会のマイスター教室の講座も前期分が全て中止の案内が届いた。週四日の合気道の稽古も武道館の閉鎖でお休みである。…
コメント:0

続きを読むread more

級友の訃報に驚く

 高校時代の級友N君が胃がんで入院した、コロナの影響で奥さんも面会が出来ないようだと、一年ほど前に連絡メールをくれた友人から今朝N君の訃報が届いた。4月9日逝去で葬儀は家族で済ませたとの事。 胃がんは治りやすい癌で、その内「「直ったよ!」と顔を見せる様な気がしていたのは間違いであった。 いずれにしても、何処の病院でもこの一年は家族でも面…
コメント:0

続きを読むread more

【諺】どおりの対応と結果

 【コロナ】と【経済】と【五輪】を天秤にかけて中途半端な対応で、 「二兎を追うものは一兎をも得ず」の諺を忘れて、「一石三鳥」と欲を出し、 三兎を追った結果は「二度あることは三度ある」と3度目の緊急事態宣言を発 出する。 それも、期間が短すぎるとの専門家の指摘も無視して・・・。 安心・安全な五輪は遠のくばかりである。傷は浅いうちに、処治を…
コメント:0

続きを読むread more

懐かしい青大将!

 先日、フェスブックに友人(フットボールの後輩)が投稿していた写真をみて青春の一コマが蘇ってきた。  近日お亡くなりになった田中邦衛さんは我が青春時代に若大将(加山雄三)と一緒に大活躍された名脇役で、「若大将シリーズ」には欠かせない人でした。 老生のスキーとヨットは若大将に憧れて始めた事と言える。 さすがにヨットは自前の物とはいかず、関…
コメント:0

続きを読むread more

厄神龍王 降臨!

 昨日、2年振りに夫婦で【門戸厄神】さんへ参拝に行って来た。 毎年この季節にお参りをして、護摩木にお願事を書いて祈祷をお願いして、 お札を頂いて帰るのであるが、諸事情で伸びていたのである。 この2年の間に、厄神さんの周りは様変わりである。 一番驚いたのは壁画の素晴らしい事。 ニュースではちらっと聞いてはいたが、全長30メータの大壁画の大…
コメント:0

続きを読むread more

子供は国の宝

 「子供は国の宝」・「子供には無限の可能性がある」を常に頭に入れながら、老生は子供達に指導する事を心がけている。 だから、自身の思い込みや、コミュニケーション不足で子供達を枠にはめていないか、自問自答の繰り返しである。 また指導者としての資質の向上に研鑽努力しているかも冷静に自身の言動を見つめ直している。 これはご父兄から大切な宝物をお…
コメント:0

続きを読むread more

怒り心頭

 日本人として生まれ、この国を愛し、この歳になって、日本国民としてこれほど恥ずかしい思いと怒りを覚えたことがない。 やっと、罪を認めて辞職した河井克行元法務大臣。その時期は計算されたタイミングの良さである。それは牢獄の中で給料(税金)をもらい続けた恩返しか。 それに対して、政治の中枢にいる老人が:  「党としても、こうしたことを他山の石…
コメント:0

続きを読むread more

ご先祖供養

 昨日、中山観音まで出かけて女房のご先祖のお参りをした。 我々夫婦は分家の長男と長女であるから、ご先祖累代のお墓は別所にあって、お参りするのは両親のお墓である。 老生の方は19日(金)に老齢の方々で往復共に超満員の阪急バスに揺られて長尾山霊園まで出かけて済ませていたが、女房の方は天候の悪さもあり、お彼岸開けの昨日になった次第である。 中…
コメント:0

続きを読むread more

まだ!選択肢が残されている

 昨日、神大病院の診察で5日に受けたCT検査の結果腫瘍が約1~2㎜増大しているとの説明を受けた。昨年の11月にも同じ状態の微増の診断を受けているので、これで2度目である。 ノーベル賞受賞の妙薬も老生の癌には効かないのか? 当初は縮小して安堵していたが、やはり敵も🐵ものである。 7月末まで日数は残されているがその間好転しなければ治験も終了…
コメント:0

続きを読むread more

変わらぬものは「合気道の心」

 昨年、前回の非常事態宣言が解除されてから、我が道場では少年部の稽古で木剣の素振り、体裁き、受け流し等を稽古している。一般部も同様。 老生は非常によいことだと喜んで稽古している、研鑽すればするほど、合気道は剣術から進化したものと断言できると思う。 数年前の「どう出版」に紹介されていた西尾昭二師範の言葉として、 次のように:  最近の合気…
コメント:0

続きを読むread more