冬が来た。

 今朝、今季初めて我が家の庭のミニ蹲に氷が張った。白梅の盆栽も咲き始めてきた。冬の到来である。 昨夜の合気道の稽古では冷え込み厳しく、道着の下に防寒用に下着を着込み稽古したが汗ばむ事も無かった。     薄氷ではあるが今年初めて氷が張ったミニ蹲。       白梅の盆栽、咲き始めた数輪。  今朝の朝日新聞の「天声人語」に高村光太郎の詩が…
コメント:0

続きを読むread more

如月の2日の到来物は

 今月は4日と18日の病院通いを除き、特別な予定は無し。 道場の代表が今月中頃にイタリアへ遠征指導に行くので、留守中の少年部の指導を任されているぐらいである。 今朝、お隣さんから珍しい焼酎を頂いた。黒糖焼酎は初めて、のんびりと賞味をしたいと思う。  沖永良部特産: 奄美の自然が織りなす天恵の黒糖焼酎【天下一】  アルコール分30度  
コメント:0

続きを読むread more

睦月の最終日は歴史的。

 睦月の最終日は、米国と同じ自国第一主義で英国がEUを離脱する記念日となった。世界に冠たる大英帝国が全く余裕がないと言わざるを得ない。我が日本では、予算委員会で「桜を見る会」での野党の質問に答えて、「募っているという認識だった。募集しているという認識ではなかった。」という珍妙な答弁を我が国の首相がした。これも歴史に残る迷言である。 以前…
コメント:0

続きを読むread more

お互いに「よかった。」のか

 昨日は少し早起きをして約半年ぶりに阪大病院へ出掛けた。 昨年の7月2日以来である。 前月末に受けたCT検査の結果、癌が大きくなっているのを考慮して、その日の抗がん剤の投与は急遽中止。 オプジーボの治験を受けるように主治医に勧められて近畿大学病院へ、そして近大病院の先生の気遣いで、治療に通いやすい神戸大学病院を紹介してくれて現在に至って…
コメント:0

続きを読むread more

死生観と殯(もがり)

 この歳になっても知らない事の多さに今日も気付かされた。 誠に恥ずかしい限りである。謙虚に生きねばと思う。 今朝の朝日新聞の【耕論】の「人生100年」の現実という記事の中で、宗教学者の山折哲雄氏が述べている文が目に留まった。 内容は端折るが: 「人生100年時代」という言葉に直感的な反発を覚えました。日本では長く生と死が分かちがたく結び…
コメント:0

続きを読むread more

学ばず、懲りず、省みず。

 表題は、朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」で一国の副首相に冠した文である。 この様なレベルの低い仲間達が集まり、国会を蔑ろにして閣議決定で自衛艦や哨戒機をキナ臭い中東に派兵する。 暴挙としか言いようがない。「自衛隊を国外に出兵させる」は国会で十分の議論の上で決すべき事項である。 都合の悪いことに蓋をして、公文書を改ざん、破棄し、閣議決定と…
コメント:0

続きを読むread more

子曰、過而不改、是謂過矣・・・孔子

 表題は、今朝の朝日新聞のコラム【折々の言葉】の文である。 「子曰わく、過ちて改めざる、是れを過ちと謂う」。 人はよく過つ不完全な存在。人の評価はむしろ過ちと知った後の身の処し方で決まる。 そこをこそ過つな、と 「過てば則ち改むるに憚ること勿かれ」ともいわれ、 さらに弟子の【子夏】が 「小人の過つや、必ず文(かざ)る」と述べる。 「文る…
コメント:0

続きを読むread more

明けて早や四日

 年が明けて早や四日である。 元旦は女房と二人で二日に訪れる娘夫婦と孫たちを迎える準備で慌ただしく過ごした。 二日の午後に娘たちがそろって到着。正月の祝い事を済ませて宴会。 祝い酒と何十年振りかでスコッチを味わいながら、食事と歓談。 終了後は恒例の麻雀を楽しみ、夕食はすき焼き。歓談は深夜に及ぶ。 三日はほんの少し二日酔いの気分でライスボ…
コメント:0

続きを読むread more

明けまして、令和新年

 良い天気に恵まれて新年を迎える事ができました。感謝です。 春があって夏があって、秋があって冬があって、日本は良い国である。 自然だけではない。風土だけではない。 長い歴史に育まれた数多くの精神的遺産がある。 その上に、天与のすぐれた国民的素養。勤勉にして誠実な国民性。 よいものがあっても、そのよさを知らなければ、それは無きに等しい。 …
コメント:0

続きを読むread more

「誰のために法は生まれた」

 表題は、老生の愛読コラム・鷲田清一氏の【折々のことば】の元ネタの本である。 グルになってる集団を徹底的に解体して、追い詰められた一人の人に徹底的に肩入れをするのが、本来の法です。と法学者の木庭 顕氏。 それに対して、鷲田氏の解釈は: 法は国民を縛るルールだと思われがちだが、そもそもは個人の自由な存在の基盤を絶対に損なうことのないよう護…
コメント:0

続きを読むread more

超高速のこの一週間

 週始めの日曜日は王子スタジアムに応援に行き、月曜日はみなと元町の歯科医院で歯根の治療、火曜日は神大病院で治験剤の投与を受けに大倉山まで三日連続の神戸通いをした。神大病院では付き添いの女房の靴がひどく壊れて、帰りは何十年ぶりかでタクシーを利用して神戸大丸に行き、代わりの靴を購入。神戸大丸も何十年ぶりかで入店する事になった。 水曜日は午前…
コメント:0

続きを読むread more

久し振りのスタジアム

 昨日は7,8年ぶりに神戸の王子スタジアムへ母校の入れ替え戦の応援に出かけた。 相手は第1回甲子園ボウル出場の歴史ある強豪同志社大学であるが、現在は入れ替え戦の常連校で、我が母校も入れ替え戦の常連、両校の対戦は何度もある因縁の相手である。 母校は関西で6番目に出来たチームで一昔前は良く【古豪】と言われたが、今は新興チーム同様のテイタラク…
コメント:0

続きを読むread more

理性を欠いちゃ!獣(けだもの)

 昨夜、稽古後に先日届いた手紙の事で、同じ手紙をもらった一部の女性から話があった。 いろんな反応があることは予測はしていたが、老生の思いとは違った意見に驚いた。 要約すればこの様な問題を道場に持ち込まないで欲しいとのことであった。 その相手が部外者であれば老生も同様にプライベートの事と無視できるが、 相手の二人の女性が成人であるとは言え…
コメント:0

続きを読むread more

「いいね!」で、いいのか 

 題記は、今朝の朝日新聞のコラム、鷲田清一氏の「折々のことば」の表題である。 某私立大学からのメッセージとして、下には「Realはもっと複雑かもしれない」と、京都市の地下鉄の車両にこんな広告が出ていた。として次のように書かれていた。 話に深く心を揺さぶられたのならその思いを、微かに違和を感じたなら、「こうとも言えませんか」との反応を言葉…
コメント:0

続きを読むread more

何か、身の回りが慌ただしい

 師走に入って、三日連続で神戸へ出かけた。3日(火)は神大病院で治験剤の投与、4日(水)は先月末からの歯の定期検診の続きで歯のコーティング、5日(木)に同じ歯科医院で、以前から右の顎に違和感を感じていた右下の奥歯の根に治療薬を入れもらい、一週間様子を見て、12日(木)に再度診察と治療が行われる事になった。 この治療は年内には終わるとの医…
コメント:0

続きを読むread more

残すところ後30日

 早くも【師走】に突入した。年初の今年の運勢は【低迷運】と言われながら、何かと行事も多く、多忙ではあったが無時に乗り越えてきた。 特に、令和と年号も代わり老生にとっての最大の出来事は、阪大病院での二年余りの化学療法に効果がなく腫瘍が増大し危機に直面するが、主治医の紹介を経て運良く神戸大学病院でのオプジーボの治験に滑り込めた事、幸運の一言…
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食の痕

 我が家の猫の額ほどの庭で、小鳥が食べられた様である。 時折り、老生作成の小さい蹲で水浴びをしたり、美味しそうに水を飲む小鳥の姿を見ていたのだが、弱肉強食が世の常とは云え可哀想である。 野良猫か、大きい鳥が犯人かは分からないが、最近ヒヨドリの鳴き声を聞いているので、彼の鳥の仕業の様である。   庭に散らばっている小鳥の羽、羽以外は残っ…
コメント:0

続きを読むread more

この時代が怖い

 政治の役割は二つあります。 一つは国民を飢えさせないこと。・・・・ もう一つは、これはもっと大事です。 絶対に戦争をしないこと。                菅原文太  これは今朝の朝日新聞のコラムの折々の言葉の記事である。著者の鷲田清一氏は:俳優は山梨県で無農薬の野菜作りにも精を出していたが、出身地の宮城の隣、福島のでの原発事故後…
コメント:0

続きを読むread more

ある国のおめでたいお話

 アジヤの某国で【バカ殿】の在任記録が最長になったとの事。誠におめでたいことである。 長いのは良い事とご本人も取り巻き連中も大変な喜びのようである。 アホノミクスとアンポンタン法制を得意満面とご披露、都合の悪いことは全て知りませんと丁寧に説明。 ご本人も取り巻きの連中も二世、三世の世襲制で選ばれた人達が多く、某国は300年間続いた封建制…
コメント:0

続きを読むread more

三年前の診断の結果は胃の裏側に5cm肉腫

 早くも、腹部に肉腫があるのが判明してから丸3年が経過した。 平成28年10月19日(木)就寝時に心臓の発作があり翌日近所のクリニックで受診、紹介状を書いてもらって24日(月)に東宝塚さとう病院で受診、胸のレントゲン・心電図・エコー検査・CT検査を受けた。 10月30日(月)ホルター心電機器を取り付けて、11月1日(月)に取り外しもらい…
コメント:0

続きを読むread more