心に残る言葉

 引退を表明した白鵬のインタビュー記事が目にとまった。
 どうしても大鵬と比較して横綱としての品格を疑って好きではなかったが、
 苦労してきただけに含蓄のある言葉を述べている。
 「基本を大事に、型を作ること。そして型ができた時に型を破る。
  型をもって型にこだわらない。これができれば必ず強くなると思います。
  たくさん技がある人は怖くなかった。型を持った人間が一番怖かった。」
 これは、成し遂げた人にしか言えない言葉であり。
 また、どの競技にも当てはまる「勝つための金言である。」と信じた次第。

"心に残る言葉" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント