治療方針の転換

 一昨日、38回目の抗がん剤の投与を受けに阪大病院に出掛け、先月27日に受けたCT検査の結果を聞くと、腫瘍が大きくなっている。との事。
 当初は若干小さくなったのだが、徐々に大きくなってきている。丸2年余り続けてきたが今の化学療法では効果がなかった様である。
 当然、当日の投与は受けても意味が無いので中止して、主治医は老生の癌は【オプジーボ】が効くと思うので、オプジーボの治験を受けて見ないかとの見解を示された。
 聞くと治験を行っているのは大阪狭山市の近畿大学病院との事、今よりかなり遠くなるので通えるのか少し心配したが宜しくお願いしますと返答し、紹介状を書いてもらい、過去の経過データーをCDに書き込んだのをもらって帰宅することにした。
 治療方法の転機としては、ジャストタイミングと思われるが、治験を受けるかどうかは9日に女房と一緒に近畿大学病院に行き、話を聞いた上で決断したいと思う。

"治療方針の転換" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント