忘れた頃にやって来る、恐怖

 昨日、痛ましい事件が川崎市で起こった。罪科のない児童を無差別に殺傷する、許せない事件である。
 被害者の方々のご冥福と、負傷された方々の一日も早いご回復をお祈りするしかない虚しさは何処に持って行けばよいのか。・・・
 18年前の6月8日には付属池田小学校で同様の悲惨な事件があった。
 その4年前の1997年5月27日には神戸児童殺傷事件があり、この事件は【酒鬼薔薇聖斗】と名乗る中学生の犯行で、世間を震撼とさせた。
 その一年後から翌年にかけて「宮崎勤」が起こした事件もあった。
 特に弱者に向けられる犯行は決して許されるものではない。
 また、老人に対しても同様で、まして介護施設内での犯行も同断である。
 いずれにしても今の日本、決して安全な国ではない。国政も・国民も病んで来ている様に思われてならない。
 自身も、家族も、自己防衛で守るしか最善策はなさそうである。

"忘れた頃にやって来る、恐怖" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント