動画三昧と悟り

 年が明けて小寒・七草も過ぎ、早くも二週間に成ろうとしている。
 ウカウカと動画三昧でもあるまいと思うが、未だやめられないでいる。
 人の生き様について、ある言葉を思い出し、古いメモ用紙を取り出した。
 それは朝日新聞、「折々ことば」を写し取ったメモである。
            「病牀六尺」から、コラムの著者は鷲田清一氏。
   
 「悟りという事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であった」
                    正岡子規
 俳人にとって悟りとはいっでも平気で死ぬことではなく、生をひたすらに
 愛でることであった。激痛にのたうちまわるなかでも弟子達を頻繁に迎えた。
 薬や麻痹剤を服用する一方で、パン、スープ、鶏卵、刺身、焼き物、飯と
 三食しっかり食べ、間に牛乳や菓子パンも、死の直前まで床で画譜画帳を
 楽しみ、絵筆をとり、料理や社会情勢、教育を論じた。
 この言葉を目にした時に、この様に生きたい。と言う老生の念いが、
 メモをとらせたのだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント