子供は国の宝

 「子供は国の宝」・「子供には無限の可能性がある」を常に頭に入れながら、老生は子供達に指導する事を心がけている。
 だから、自身の思い込みや、コミュニケーション不足で子供達を枠にはめていないか、自問自答の繰り返しである。
 また指導者としての資質の向上に研鑽努力しているかも冷静に自身の言動を見つめ直している。
 これはご父兄から大切な宝物をお預かりしている者の責任であると思っているからである。
 先日の朝日新聞の朝刊に「こどもとスポーツ」と云う記事が掲載されていた。
 それは子供の主体性を引き出す方法を考えるオンライン記者サロン「その指導、イエローカードかも~子供とスポーツ」が開催され、元バレーボール女子日本代表の益子直美さんと、チーム運営を選手に委ねるボトムアップ式指導で知られる畑喜美夫さんの討論での言葉が紹介されていた。
 指導者が怒ってはいけない大会を開催する益子さんは、「監督が怒らないと子供は自分達で考えたり、声を出したりするようになる」と実例を紹介。
 畑さんは、「楽しい時に子供は伸びていく、まずはこどもにやらせてみて、指導者はそれをチェックし、助言する事が大事」と。
 これに老生は「褒められて人は伸びる」を一言追加したい。そして老生は個性的な子供達の良いところを見つけて【いいね】を連発している。

 それにしても隣で稽古している柔道教室の指導者は、いまだに「帰れ~・帰れ~」の連発、指導者としての資質を問いたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント