変わらぬものは「合気道の心」

 昨年、前回の非常事態宣言が解除されてから、我が道場では少年部の稽古で木剣の素振り、体裁き、受け流し等を稽古している。一般部も同様。 老生は非常によいことだと喜んで稽古している、研鑽すればするほど、合気道は剣術から進化したものと断言できると思う。 数年前の「どう出版」に紹介されていた西尾昭二師範の言葉として、 次のように:  最近の合気…
コメント:0

続きを読むread more