まだ!選択肢が残されている

 昨日、神大病院の診察で5日に受けたCT検査の結果腫瘍が約1~2㎜増大しているとの説明を受けた。昨年の11月にも同じ状態の微増の診断を受けているので、これで2度目である。
 ノーベル賞受賞の妙薬も老生の癌には効かないのか? 当初は縮小して安堵していたが、やはり敵も🐵ものである。
 7月末まで日数は残されているがその間好転しなければ治験も終了する。
 そして昨日主治医は老生に「がん遺伝子パネル検査」のパンフレットを渡してくれた。
 意図は次に進む道はまだ残されているよ、と教えてくれた様である。ありがたく検討させて頂くつもりである。
 万事休すではなく、まだ選択肢が残されているのがありがたい。医療の進歩に感謝である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント