今日は如月の最終日

 名ばかりの立春の如月も今日でお終い。幸いにも予定より早く京阪神は緊急事態宣言が解除された。しかし、政府高官の山田さんではないが、「心に緩み」は禁物である。彼女の場合は、「心の驕り」という方が適していると思うが。明日から雛祭りの「弥生」。いよいよ春到来。気も緩みそうである。 さらなる警戒が必要である。用心・用心・ご用心である。それにして…
コメント:0

続きを読むread more

訪問者 「0」の日

 ブログを開設したのが2011年9月4日で、それから9年と5ヶ月。 知らない内に積み重なって、昨日迄のアクセス数は94,319件となった。 日割りで計算すると、ザックリ 27件/日となる。 今まで少ないときでも、毎日の訪問者は必ず数名あったのだが、 珍しく先日の2月12日(金)は訪問者が「0」であった。記念すべきか? 本来日記の補足で書…
コメント:0

続きを読むread more

四年前の朝は病室で目覚めていた

 前日に、義弟の車で女房と義妹と4名で阪大病院まで送ってもらい入院、 入院時の注意事項や手術について色々と説明を聞き就寝。 翌朝、朝6時半に目覚めてから明日の手術の準備での検査や点滴を受けたり、シャワーを浴びて体を洗い、整えていた大事な髭を剃ったり、看護師さんにお臍の掃除を入念に受けたり、可なり忙しい思いと不安な夜を過ごした。 あれから…
コメント:0

続きを読むread more

自分以外に決めるものはいない。

 今、村社会の長老達が世間を騒がせている。その頑迷さと、開き直った言動と、人格の低さは驚くばかり。 この村社会では同類の人達が懸命に擁護しているのが不思議でならない。 村社会はアニメの「チロリン村」だけで十分である。 「余人をもって代えがたし」と言えども、いなくなれば必ず代わりの人は出てくるものである。誰か早く首に鈴を付けてくれと叫びた…
コメント:0

続きを読むread more

意に反するが、公明党議員に軍配!

 同じコロナ過の中で、同じように夜の銀座に出掛けた公明党と自民党の議員さん達。 片や議員辞職、片や自民党を離党しただけ、非常に違和感を覚えました。 老生は創価学会傘下の公明党は政教分離の意味から政党として認めていないが、今回は軍配を上げたい。 その潔さに感動。それに反して自民党議員達は党の役職を降りて、離党しただけである。 同じ元自民党…
コメント:0

続きを読むread more

如月初日は、40回目の治験剤投与

 今朝、目覚まし時計で飛び起き準備して向かったのは神大病院。 一昨年の7月末から数えて40回目の治験剤の投与を受ける為である。 現在受けている治験は「原発不明がんに対する第Ⅱ相試験」である。 このⅡ相試験は52回迄で、あと半年で終了する。 その後、第Ⅲ試験も行われる予定ではあるが参加できるかは未定。 先月25日のCT(13回目)の結果は…
コメント:0

続きを読むread more