三度目の治験も無事に終える

 一昨日は雨の予報の中、三度目の治験に出掛けた。尿と血液検査を済ませて、主治医の診察を待っていると治験コーディネーターが来て当初予定に無かった胸のレントゲン撮影を受ける様に急遽先生の指示が出たので手配する、理由は副作用で肺炎が起こる可能性もあるので念の為に受けてほしいと云う事で、一階下のレントゲン室に移動して、撮影が終わり診察を受け、検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蹲踞の改修がやっと完成

 昨年の春から気になっていた蹲踞の改修を昨日やっと終えた。 22日(木)にロイヤルホームセンター宝塚店にセメントを買いに行き、 23日(金)から作業に掛かった。 二十四節気の【処暑)を迎え朝夕は少し涼しくなったとはいえ、日中の炎天下で久し振りに腕もこんがりと日焼けした。 同時進行で庭の石組も補修しながらの作業は、Tシャツの交換、水分の補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニボルマブ(オプジーボ🄬)治験・2回目

 葉月に入り【立秋】が過ぎ、10日には道場の「暑気払い」で夜遅くまで賑やかに騒いで、合気道の稽古は8日間の夏休みに入った。 猛暑日が続き台風10号が西日本上陸を窺がう中、昨日は2回目の、「ニボルマブ治験」に神戸大学病院へ女房と出掛けた。 今回は心電図検査は無く、尿と血液検査、胸と腹部のレントゲン撮影で主治医の診察を受けた。 検査結果は特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は二十四節気の正節の【立秋】である

 【秋】とは名ばかりで今日も猛暑日である。しかし、我が家の庭にさす日影は移動してきていて、秋近しの感がする。 二十四節気は古代中国でつくられた季節区分法で、太陽が春分点を出て再び春分点に達するまでを黄経三百六十度(周天三百六十度と云う)として、これを二十四等分した位置にそれぞれの節気を配置して、一ヶ年の気候の推移を知るようにしたものとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉月二日、酷暑である。

 一年の折り返しの【文月】は、2年3ヶ月続けて来た化学療法に見切りをつけ、新しい道を求めて病院を巡った。 特に梅雨が明け、治験の為の診察に通いだした頃から、猛暑日が続き暑い思いをしながら一周間に数日通院し検査を受けた。 お陰様で月末の30日には、神戸大学付属病院でニボルマブ(オプジーボ®)の治療を【治験】で受ける様になった。 酷暑の葉月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more