今日は二十四節気の正節の【立秋】である

 【秋】とは名ばかりで今日も猛暑日である。しかし、我が家の庭にさす日影は移動してきていて、秋近しの感がする。
 二十四節気は古代中国でつくられた季節区分法で、太陽が春分点を出て再び春分点に達するまでを黄経三百六十度(周天三百六十度と云う)として、これを二十四等分した位置にそれぞれの節気を配置して、一ヶ年の気候の推移を知るようにしたものとの事である。
 各節気の一期間は約15日間で、一ヵ月に二節ずつ配されて正節と中気に分けられている。
 正節は、立春・啓蟄・清明・立夏・芒種・小暑・立秋・白露・寒露・立冬・大雪・小寒である。
 そして今日、八月八日は【末広がりの日】である。
 勤務時代にある得意先の会社が毎年この【末広がりの日】に得意先の皆さんを招待して、ビール会社の屋上でビールパーティーを開催していたのを思い出す。飲み放題、食べ放題のこのパーティーは非常に印象深くいまだに良い思い出として残っている。

この記事へのコメント