温故知新を知る

 昨朝は祝日ではあったが雪の降る中、JR中山寺駅の「東宝塚さとう病院」へ解離性大動脈瘤の定期健診に出かけ、採血と心電図と胸のレントゲン撮影をして主治医の診察を受けた。
 容態を聞かれたが、抗癌剤の副作用の事しか話すこともなく、採血の結果が悪玉コレステロール値が増えているのを指摘され、最近は体重が増えているのでその結果ではないかと答えて、次回は5月13日(月)にCT検査をして様子をみるとの事で帰宅した。帰宅後、気になった悪玉コレステロールと善玉コレステロール比率を前回との比較をしてみると、前回は2.3、今回は2.4(基準値は2.0以下)であった。老生としては全く問題なしである。
 夕刻、合気道の稽古に出かけ、参加者は少なめであったが少年部を指導、一般部の稽古時に、早々とチョコレートを一つ頂いた。木曜日に少なからず期待。

  今日はシニアカレッジ同窓会のマイスター教室に参加、演題は〝「温故知新」~先人の言葉に耳を傾ける” 講師は千里金蘭大学の明里千章氏であった。
 夏目漱石や永井荷風、谷崎潤一郎等の日記や小説を通して分かることは、既にその当時から現在の日本の世情を予測して書いている文章があることに驚かされた。熱のコモッタ素晴らしい話の内容で良い講演であったと思う。講師の今の日本の情勢に対する考え方は老生の考えと全く一緒で心強く思った。
 終了後はいつものメンバー4名でソリオで飲食して散会する。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック