ギックリ腰のお土産

 阪大病院で退院の日に貰ったお土産はギックリ腰。
 9日の朝、洗面所で歯を磨くために前屈みになった途端右腰に痛みが走った。
 痛みに耐えて歯磨きを終え、病室に戻り退院の準備をしたり、朝食を摂ったりと忙しくしている間は忘れていたが、退院手続きを終えて、迎えに来た女房とモノレールの駅に向かうと、歩くのに苦労するように成ってきた。帰宅するまでは気が張っているので通常通りに歩いていたが、帰宅後はかなり辛い思いをしている。
 今日で三日目であるが、回復の兆しがない。
 退院の前日に、医師や看護師の方に今月末までは無理をしないで、稽古は自重して下さいと念を押されていたが、だめ押しで、お土産のギックリ腰を貰った様である。
 道場には養生の為にしばらく休むと連絡は入れたが、今週末の土曜日の稽古には出たいと思っていた。
 しかしこの状態では、土曜日の稽古は覚束ない状況である。
 これは神の声が休めと云っている様である。

この記事へのコメント

2018年04月15日 14:37
もしよければ私の2017年3月5日の腰痛予防ブログでも覗いてみてください。ただし、病気が原因の腰痛には効果がないので、その点はご了承ください。

この記事へのトラックバック