如月から弥生にかけて大荒れ

 如月の最終日は夜から雨の予報で、稽古には傘を持って徒歩で出かけて正解であった。
 前半の少年部の参加者は少な目で、後半の少年部は2名だけという寂しさであった。
 帰途は、予報通り風雨が強くなってきていたが、ベットに入ってから雨戸を叩く音が激しく、台風時を思い出された。
 明けて弥生の初日の各地の被害報道を視ると、台風並みの状況で正に「春の嵐」である。
 歯の定期検査の二日目で神戸に出かけたが、気候は既に春であるが吹く風だけは少し冷たく、冬の名残りを感じさせてくれた。
 歯の方は来週8日に上下の歯をコーティングしてもらって終了である。
 帰宅して、夕方から道場に出かけたが、キツカッタ倦怠感も影を潜め少年部の指導と自身の稽古には問題が無くなってきた様である。
 今朝は、身体の状態が良くなってきたら、パソコンの調子が悪くなり、初期化を繰り返しながらやっとブログを更新しているという状況。
 明日は早くも雛祭りである。もともとは「上巳の節句」、「桃の節句」と言われていたが、雛の節句と云われるようになったのは、江戸中期以降のようである。
 色々と行事の多い月であり、体調を整え乗り切りたいと思う。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック