年内の診察・治療予定日が決まる

 一昨日の16日(月)は歯の定期検診の最終日、昨日は11回目の抗癌剤の投与、辛うじて白血球の数値が合格点で受ける事が出来た。
 次回は11月7日(火)と三週間後の28日(火)に抗がん剤の投与、白血球の数値が戻っていることを願う。
 そして12月に入り12月15日(金)にCT造影剤検査があり、19日(火)に14回目の抗癌剤の投与、25日(月)は東宝塚さとう病院で解離性大動脈瘤の経過観察があり、年内の診察・治療予定は全て完了する。

 顧みれば、去年の今頃から胸が痛みだし昨年の10月19日の夜に心臓の発作があり、翌日に近所のクリニックで心電図を撮ってもらったのが始まりであった。
 それから検査・診察、入院、手術、治療と今日に至っている。
 この心臓の発作がなければ、癌はそのままで発見が遅れていたと思われる。正に不幸中の幸いである。

この記事へのコメント

nomnom
2017年12月06日 15:05
三七桜会からご無沙汰しています.エラいことになっていたとは知りませんで、今頃になってお見舞いをすることをお許し願います.
治療の文章全部読ませて頂いたけれど、それでも強い意思と実行力に敬意を表します.十分注意され治癒することをお祈りします.
私も元気だけが取り柄だったのに、突発性難聴から関節リウマチそして糖尿病と渡り歩いて治療を受けています.歯医者にも通っています.阪大病院の診察券は今でも持っています.あの混雑ぶりは今でもでしょうね.
何れにしても、なんとかやり過ごすしか当事者としては手がないのです.お互い頑張って尚かつ運命を受け入れましょう.次の三七桜会に元気にお会いしましょう.

この記事へのトラックバック