自治会長の仕事、第二弾

 昨日は、市役所から届いた「市の一斉清掃」の書類を見て、要点を纏め各班長あてに回覧書類を作成して配布に回り、ゴミの収集場所の確認をした。後は市役所に申請に行きゴミの収集袋を貰いに行く仕事が残る。
 一連の作業をしていて気が付いた事は、自治会の会長とは権限のない雑用係の様なものである、と思う。
 地域の高齢化が進むと動ける人達が少なくなり、一部の人達に負担が掛かるという事である。
 輪番制で今まで来たが、順番だからと云っても出来ない事情があれば、無理やり押し付ける訳には行かない。近い内に破綻を来たすのが目に見えた来た様である。老生も次に順番が回ってくる時には既に出来ない様になっているかも知れないと思う。
 29日(祝)には、校区自治会長会に出席の依頼があり、 赤十字社の社員増強運動の依頼書類も届いている、これも回覧文章を作り回さなければならない。年度初めは結構忙しい事である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック